このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000069810
提供館
(Library)
長野市立長野図書館 (2310222)管理番号
(Control number)
長野市立長野-01-022
事例作成日
(Creation date)
2001/08/19登録日時
(Registration date)
2010年08月05日 02時00分更新日時
(Last update)
2013年11月30日 17時16分
質問
(Question)
指紋が同一になることが極めてまれであるのを証明した人物、方法
回答
(Answer)
以下参考資料をご紹介しました。
人物については各資料に記述がありましたが、方法について書かれた資料は見つかりませんでした。
(『最後の名探偵』p234に軽く触れられてはいます。)

【追記:2013年11月30日】
『指紋を発見した男』に詳しいことが書かれていました。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
行政  (317)
参考資料
(Reference materials)
『日本大百科全書 11 2版』小学館 1994 <R031ニ11> (p240-242)
『決め手』須藤 武雄/著 時事通信社 1979 <498ス> (p23-31)
『図解科学捜査マニュアル』事件・犯罪研究会/編 同文書院 1995.09 <317ス> (p40-45)
『アメリカ犯罪科学捜査室』ジョン・ゾンダーマン/著,大野 典也/〔ほか〕訳 広済堂出版 1994.12 <317ソ> (p97-115)
『犯罪捜査大百科』長谷川 公之/著 映人社 2000.06 <317ハ> (p164-184)
『不完全犯罪ファイル』コリン・エヴァンス/著,藤田 真利子/訳 明石書店 2000.09 <317エ> (p156-158)
『最後の名探偵』ブライアン・H・ケイ/著 原書房 1996.04 <317ケ> (p233-260)
『指紋を発見した男』コリン・ビーヴァン/著 主婦の友社 2005.05 <317ヒ>, ISBN 9784072412589
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000069810解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決