このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000069645
提供館
(Library)
長野市立長野図書館 (2310222)管理番号
(Control number)
長野市立長野-02-054
事例作成日
(Creation date)
2003/01/22登録日時
(Registration date)
2010年07月30日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年08月15日 14時38分
質問
(Question)
江戸時代に流行した着物の色「鼡色(ねずみいろ)」に100色あるとのことでその全色を知りたい。
その中に「はせ鼡」という色があるかどうかも知りたい。
回答
(Answer)
「四十八茶百鼠」という言葉がありますが、本当に48色・100色あったわけではないようで、語呂あわせのようなところがあったようです。

『色彩の宇宙誌』p182-185に代表的な鼠色が50種ほど掲載されています。

「はせ鼠」という色は色彩事典などをあたりましたが見当たりませんでした。

【追記:2010.7.29】
『定本和の色事典』に「○○鼠」と付く色が、まとまってはいませんが80種ほど掲載されています。
回答プロセス
(Answering process)
『奇妙な色名事典』p52-55に「百鼠のほうは、おそらく百にはいくらか足りなかっただろう。これらの数は、覚えてみたところでまったく意味のない数なのだから、やはり語呂のよさ、言葉遊び、それに一種の縁起かつぎ、といったようなことで選ばれたのではないか、と考えられる。」とある。

『色彩の宇宙誌』p173~「第十四章 四十八・茶百鼠」とあり、特にp182-185にかけて代表的な鼠色として50種の色が色名と特徴でまとめられている。

『日本の色』(講談社 1980) p174-175に四十八茶百鼠について記述あり。

『日本の伝統色彩』(京都書院 1988) p200-203
『和の彩りにみる色の名の物語』(淡交社 2001)p80-89
に鼠色について記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
デザイン.装飾美術  (757)
参考資料
(Reference materials)
『奇妙な色名事典』福田 邦夫/著 青娥書房 1993.11 <757フ>
『色彩の宇宙誌』城 一夫/著 明現社 1993.07 <757シ>
『定本和の色事典』内田 広由紀/著 視覚デザイン研究所 2008.07 <757ウ>
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000069645解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!