このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000069617
提供館
(Library)
大阪府立大学学術情報センター (3210008)管理番号
(Control number)
阪府大-学情-H22-5
事例作成日
(Creation date)
2010年06月03日登録日時
(Registration date)
2010年07月29日 13時58分更新日時
(Last update)
2010年12月07日 12時10分
質問
(Question)
大和川の付け替え前の八尾市の古地図を探している。
回答
(Answer)
国立公文書館デジタルアーカイブで『元禄国絵図』が掲載されている。
「河内国(元禄)」の一部が現在の八尾にあたる。
拡大して、詳細を見ることができる。
http://www.digital.archives.go.jp/gallery/view/detail/detailArchives/0000000179

以下の資料にも大和川付け替え前の地図が掲載されているが、いずれも広範囲を縮小しているため、詳細はわかりにくい。
・『大和川付け替え三〇〇年 : その歴史と意義を考える 』雄山閣,2007.11(517.21/Y45)
 P4に「河内国絵図(元禄期後半)」が掲載。
・『大和川付替(川違え)工事史 : 治水の恩人中甚兵衛考とその周辺』新和出版社,1982.1(517.2/1)
 最終頁に附属で「元禄十六年頃 大和川附替之図」が掲載。
・『八尾市史』八尾市,1958(216.3/6)
 p232に「河内古地図」が掲載。
・『図説大阪府の歴史』河出書房新社,1990.7(210.08/118/27)
 p222に「摂河絵図」(付け替え前の大和川)が掲載。
回答プロセス
(Answering process)
大和川付け替えの年代を確認するため、JapanKowledgeで“大和川”を検索。
デジタル大辞泉の項に「奈良県北部を西流する川。桜井市初瀬の北方に源を発して初瀬(はせ)川とよばれ、奈良盆地で佐保川を合わせ、金剛・生駒(いこま)両山地の間を通って、大阪・堺両市の境で大阪湾に注ぐ。長さ67キロ。もとは生駒山地のふもとを北流して淀川に合流していたが、宝永年間(1704~1711)に改修。」とある。

OPACで“291.63 地図”を検索。『古板大坂地図集成』を確認するが、八尾は掲載なし。
続いて、“河内* 地図”を検索。『國郡全図』が貴重書庫に所蔵。しかし、天保8(1837)年発行で大和川付け替え後のものである。
googleで“國郡全図”を検索。神戸大学図書館デジタルアーカイブ住田文庫で前頁を公開しているが、文政11(1828)年のものである。

OPACで“大和川 付替”を検索。
『大和川付替(川違え)工事史 : 治水の恩人中甚兵衛考とその周辺』最終頁に附属で「元禄十六年頃 大和川附替之図」が掲載されている。
『大和川付け替え300年』p1に「江戸時代の宝永元年、一七〇四年に柏原から今の堺市の北部に向かって、約一四キロメートル余りの新しい大和川が開削されるに至った。この付け替え工事は八か月という突貫工事であった」とある。また、p4には「河内國絵図(元禄期後半)」が掲載されている。
所蔵している『河内國繪圖』を確認するが、宝永6(1709)年発行(大和川付け替え後)のものである。

市史類を確認する。
『図説大阪府の歴史』p222に「摂河絵図」(付け替え前の大和川)、p221に「大和川付け替え地図」が掲載されている。
『大阪府の歴史』p191に「大和川つけかえ地図」が掲載されている。
『八尾市史』p232に「河内古地図」が掲載されている。作成年は不明だが、大和川付け替え以前のものである。

Googleで“大和川 付け替え”を検索。
八尾市立図書館HP「大和川の付け替え」
http://web-lib.city.yao.osaka.jp/yao/yao_04.html
堺市立図書館のHP「絵図にみる堺と大和川付替え300年」
http://www.lib-sakai.jp/kyoudo/kyo_digi/yamatogawa/yamatogawa_kotizu.htm
大和川付け替え300周年HP
http://www.kkr.mlit.go.jp/yamato/yamato300/index.html
それぞれに地図が掲載されているが、詳細はわかりにくい。

Googleで“河内国 江戸時代 図”を検索。
国立公文書館デジタルアーカイブのサイトがヒット。
そこに「江戸幕府の命で、慶長・正保・元禄・天保の4回、全国規模で国ごとの地図が作成されました。」とある。
掲載されているのは、『元禄国絵図』(1702年完成)と『天保国絵図』(1838年完成)。
『元禄国絵図』の「河内国(元禄)」を見ると、“八尾木村”等の地名がある。
『八尾市史』p67には、「延喜式によると河内国は、・・・の十四郡に分れ後に二、三の異動はあったが長く明治二十九年三月まで存続した。現在の八尾市域は、若江郡の南半(西郡以南)渋川郡の南部(久宝寺以南)志紀郡の北半、河内郡の南一小部分(福万寺以南)丹比郡の北東一小部分(太田、木ノ本の西一小部分)大県郡の北一小部分(神宮寺)と高安郡全部がその区域となり、実に数郡に跨っていた。」とある。
事前調査事項
(Preliminary research)
OPACで“大阪 古地図”を検索した。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『古板大坂地図集成』清文堂出版,1970(291.63/2/1~6)
『河内國繪圖』宝永6年版,中尾松泉堂書店,1966.11(291.038/K4)
『國郡全圖』上・下,天保8 [1837].10(290.38/I14/1)
キーワード
(Keywords)
大和川付け替え
大和川
八尾
古地図
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
地図
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000069617解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!