このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000069613
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20100729-2
事例作成日
(Creation date)
2010年07月29日登録日時
(Registration date)
2010年07月29日 11時28分更新日時
(Last update)
2013年07月03日 18時59分
質問
(Question)
「洗心」の出典を確認したい。
回答
(Answer)
『茶席の禅語大辞典』に次の情報があった。

p.453 
2883
「洗心 せんしん
出典 『易経』
心の塵を洗いおとすこと。心の煩累を洗い去り浄めること。また、改心すること。
『易経』に「聖人は此を以て心を洗う」といい、『後漢書』・順帝記には「心を洗い自ずから新たなり」とある。(以下略)」

漢籍電子文献で『易経』、『後漢書』を確認した。

/十三經注疏(一八一五年阮元刻本)/周易/卷七/繫辭上
- 143 -
聖人以此洗心

/新校本後漢書/本紀/卷六 孝順孝沖孝質帝紀第六/順帝
- 255 -
四年春正月丙寅,詔曰:「朕託王公之上,涉道日寡,政失厥中,陰陽氣隔,寇盜肆暴,庶獄彌繁,憂悴永歎,疢如疾首.詩云:『君子如祉,亂庶遄已.』[一]三朝之會,朔旦立春,嘉
- 256 -
與海內洗心自新.其赦天下.從甲寅赦令已來復秩屬籍,三年正月已來還贖.其閻顯、江京等知識婚姻禁錮,一原除之.[二]務崇寬和,敬順時令,遵典去苛,以稱朕意.」

この情報をもとに、当館所蔵の文献でも確認した。
回答プロセス
(Answering process)
『茶席の禅語大辞典』を調べた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各宗  (188 9版)
茶道  (791 9版)
経書  (123 9版)
参考資料
(Reference materials)
茶席の禅語大辞典 / 有馬頼底監修 京都 : 淡交社 , 2002 ISBN:4473018555 p.453 2883
漢籍電子文献 中央研究院(台湾)
http://hanji.sinica.edu.tw/  (2010/07/29確認)
易経 下 / 今井宇三郎, 堀池信夫, 間嶋潤一著 明治書院 , 2008 (新釈漢文大系 ; 63) ISBN:9784625673146 p.1507
易経 下 / 鈴木由次郎著 集英社 , 1974 (全釈漢文大系 ; 10) p.355
後漢書 / (宋) 范曄撰 ; (唐) 李賢[ほか]注 第2册 : [精裝] 北京 : 中華書局 , 1965 p.256
全譯後漢書 / [范曄撰] ; 渡邉義浩[ほか]編 第2册 汲古書院 , 2004 p.103
後漢書 / [范曄撰] ; [李賢注] ; 吉川忠夫訓注 第2冊 岩波書店 , 2002 p.14
中国学芸大事典 近藤春雄著 大修館書店 1978 ISBN:4469032018 p.27
易経(えききょう) Yahoo!百科事典[日本大百科全書(小学館)]
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E6%98%93%E7%B5%8C/  (2010/07/29確認)
中國哲學書電子化計劃 
http://ctext.org/zh/ (2013/07/03確認)
漢籍電子文献資料庫 
http://hanchi.ihp.sinica.edu.tw/  (2010/07/29確認)
キーワード
(Keywords)
洗心
聖人以此洗心
洗心自新
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000069613解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決