このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000069455
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2010-024
事例作成日
(Creation date)
2010年04月28日登録日時
(Registration date)
2010年07月22日 11時56分更新日時
(Last update)
2010年12月16日 15時42分
質問
(Question)
堀川のはしけについて知りたい。はしけの図もみたい。堀川がなければ別のところでもよい。
回答
(Answer)
『堀川』に「舟運で賑わった堀川」と題して、「熱田の浜と城下を結ぶ舟運」、「犬山と名古屋を結ぶ舟運」、「名古屋港と瀬戸を結ぶ舟運・鉄道」、「中川運河による混雑緩和」、「船着場の整備」についての概略が紹介されています。このうち「犬山と名古屋を結ぶ舟運」を担った愛船株式会社については『堀川の研究』が参考になります。
堀川のはしけ(艀)の図については見つかりませんでしたが、『近世日本の川船研究』に川船の図や木曽川・長良川・揖斐川の川船の種類について書かれています。
回答プロセス
(Answering process)
(1)郷土資料の書架で名古屋の歴史・地理の分野から「堀川」に関する資料を探して内容を確認しました。また、OPACで「堀川」と検索して、未確認の資料について内容を確認しました。その結果、「堀川」の舟運についての資料はいくつかありましたが、「はしけ」の図については見つかりませんでした。

(2)そこで、OPACで「水運」と検索して該当した資料の内容を確認したところ、『近世日本の川船研究』に高瀬船等川船の図が載っていましたので、こちらの資料を紹介しました。

(3)事後調査で、『企画展伊勢湾をめぐる船の文化』に「堀川」ではありませんが、“名古屋港やその前身の熱田湊において、荷役のハシケ(艀)として活躍した船はいずれも尾張ダンベであった”とあり、「ダンベ船図面」などがありました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内陸水運.運河交通  (684 9版)
各種の船舶.艦艇  (556 9版)
参考資料
(Reference materials)
『堀川 堀川の歴史』 名古屋市緑政土木局堀川総合整備室 2002年 (「舟運で賑わった堀川」)
『堀川の研究』 水野時ニ/著 [水野時ニ]
『近世日本の川船研究 上』 川名登/著 日本経済評論社 2003年 p.455-487 (『船鑑』に収録されている33種類の川船・海船の図があります。)
『近世日本の川船研究 下』 川名登/著 日本経済評論社 2003年 p.497-573,929-932 (「濃尾三川の水運と川船」、「附表 全国河川使用の川船」)
『企画展伊勢湾をめぐる船の文化』 名古屋市博物館/編集 名古屋市博物館 1989年 p.30-33 (尾張ダンベ)
キーワード
(Keywords)
堀川
はしけ
尾張ダンベ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000069455解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!