このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000069450
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2010-019
事例作成日
(Creation date)
2010年06月30日登録日時
(Registration date)
2010年07月22日 11時29分更新日時
(Last update)
2010年12月16日 15時50分
質問
(Question)
軍隊で24時間制が導入されていたようだが、その根拠を知りたい。
回答
(Answer)
昭和18年8月11日に制定・施行された軍隊内務令の第73に“時刻ヲ示スニハ24時間制ニ依ルモノトス”とあります。
回答プロセス
(Answering process)
(1)レファレンス協同データベースを検索してみたところ、軍隊についての24時間制の事例はありませんでしたが、24時間制に関する事例がいくつかあり、その中で参考資料として挙げられていた『日本国語大辞典』を調べてみることにしました。すると、『日本国語大辞典 第10巻』の「にじゅうよじかんせい」の項目に、“軍隊内務令(1943)七三「時刻を示すには二十四時間制に依るものとす」”とありました。

(2)改めて、OPACで「軍隊内務令」と検索してみると、『現代企業に生かす軍隊組織作戦要務令』がありました。同書を確認してみると、「付軍隊内務令」p.22に記載がありました。また、軍事の書架で調べてみると『帝国陸軍事典』にも「軍隊内務令(昭和18年8月11日 軍令陸16)」が収録されていました。

(3)念のため『法令全書』を確認してみると、“軍令陸第十六號(官報八月十二日) 軍令内務令 (條文略ス)”とあり、条文については記載されていませんでした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
国防史.事情.軍事史.事情  (392 9版)
時法.暦学  (449 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本国語大辞典 第10巻 第2版』 小学館 2001年 p.442
『現代企業に生かす軍隊組織作戦要務令』 日本文芸社1962年 付軍隊内務令p.22
『帝国陸海軍事典 改定版』 同成社 1995年 p.332
『昭和年間法令全書 第17巻-7』 内閣印刷局/編 原書房 2004年 軍令p.23
キーワード
(Keywords)
軍隊
24時間制
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000069450解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!