このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000069285
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2010-016
事例作成日
(Creation date)
2010年04月10日登録日時
(Registration date)
2010年07月21日 12時15分更新日時
(Last update)
2010年10月05日 16時05分
質問
(Question)
昭和3・4年ごろ、愛知県で使用されていた5年生の国語の教科書が見たい。
回答
(Answer)
昭和3・4年頃は第3期国定国語教科書の時代にあたり、当時は「尋常小学読本」と「尋常小学国語読本」の2種類がありました。『愛知県教育史 第4巻』によれば、愛知県では大正7年4月からは「尋常小学読本」が、大正11年4月から昭和7年度までは「尋常小学国語読本」が使われたとのことです。この「尋常小学国語読本」については、『日本教科書大系 近代編 第7巻』に収録されています。
回答プロセス
(Answering process)
(1)まず『日本教科書大系』にあるのではないかと考えて調べてみると、『日本教科書大系 近代編 第7巻』に第2期~第4期の国定国語教科書が収録されており、収録されている第3期国定国語教科書は大正7年~大正12年の発行、第4期国定国語教科書が昭和8年~昭和13年の発行でした。したがって、昭和3・4年頃であれば、第3期国定国語教科書が使用されていたことになりますが、同書の解説には“二種の国定教科書が使用された”とあることから、使用年や使用地域についてははっきりとしませんでした。

(2)そこで、近くの書架にあった『近代日本の教科書のあゆみ』を調べてみると、第3期国定教科書の時代には「尋常小学読本」(黒表紙本)と「尋常小学国語読本」(白表紙本)の2種類の教科書が使用されていましたが、同書の「国定国語教科書とその使用世代」の表から、「尋常小学読本」の使用年は“大正7~12年”、「尋常小学国語読本」の使用年は“大正7~昭和7年”とあることから、昭和3・4年頃であれば、「尋常小学国語読本」を使用していたということがわかりました。

(3)改めて『日本教科書大系 近代編 第7巻』を確認してみると、「尋常小学国語読本」(12冊)が収録されていたため、こちらをご紹介しました。

(4)事後調査で、『愛知県教育史』を調べてみると、“本県においては、大正7年(1918)4月からは「尋常小学読本」を採定していたが、大正11年(1922)4月からは「尋常小学国語読本」を使用することとした”とあり、昭和3・4年頃に愛知県では「尋常小学国語読本」が使用されていたことが確認できました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育課程.学習指導.教科別教育  (375 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本教科書体系 近代編 第7巻』 海後宗臣/等編 講談社 1963年 p.261-555,558,718-723
『近代日本の教科書のあゆみ』 滋賀大学附属図書館/編著 サンライズ出版 2006年 p.25-27
『愛知県教育史 第4巻』 愛知県教育委員会/編 第一法規出版 1982年 p.78-79,82
キーワード
(Keywords)
教科書
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000069285解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!