このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000069278
提供館
(Library)
神奈川県立図書館 (2110018)管理番号
(Control number)
相-100006
事例作成日
(Creation date)
2010/07/10登録日時
(Registration date)
2010年07月21日 02時00分更新日時
(Last update)
2010年07月21日 02時00分
質問
(Question)
「ひ、ふ」「み、む」「よ、や」のようにある数とそれを二倍した数とが、共通の子音を持っている事を最初に説いた人は誰か知りたい。
回答
(Answer)
荻生徂徠
回答プロセス
(Answering process)
(1)辞典類の「数詞」の項(資料①p1231、資料②p641、資料③p537)を確認する。日本における数詞について質問に関連する記述があるが、誰が説いたものであるかはわからない。資料①、②には、「ミ-ム、ヨ-ヤのような対立は…倍数法による命名と説かれ…」とあり。

(2)当館OPACを「数詞」をキーワードに検索した結果から資料に当たってみる。
資料④「数詞の歴史」p54、資料⑤「日本語の数詞の語源」(安田尚道)p41に、「荻生徂徠」とあり、資料提供した。
資料⑤には、「日本語の数詞には倍数法が見られる、という説がある。…このことを最初に説いたのは荻生徂徠(1666~1728)である。…」として、随筆集『南留別志』からの引用を載せている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
語源.意味[語義]  (812 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『平凡社大百科事典 7』<031/77/7>(平凡社 1985年)
②『世界大百科事典 14 改訂新版』(平凡社 2007年)<031/15E/14>
③『国語学大辞典』(東京堂出版 1980年)<810.3/7 常置>
④『一語の辞典』(野崎昭弘著  三省堂 1998年) <801.5GG/108>
⑤『語源探求』(日本語語源研究会編 明治書院 1986年) <812/32>
キーワード
(Keywords)
数詞
倍数法
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000069278解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決