このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000069208
提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
20100604/51
事例作成日
(Creation date)
2010年06月04日登録日時
(Registration date)
2010年07月17日 16時16分更新日時
(Last update)
2012年07月26日 10時48分
質問
(Question)
「大楠公」という漢詩が徳川斉昭作となっているが、徳川斉昭の詩集に出て来ない。梁川星巌の作かもしれないというのだが、どちらか。
回答
(Answer)
不明。
回答プロセス
(Answering process)
『日本漢文学大事典』近藤春雄著 明治書院 1985.3(919/32)p382によると、「江戸時代の梁川星巌作の七言絶句の題名・・・、作者はまた徳川斉昭ともいわれる。」とある。
この参考文献にあげられている『和漢名詩類選評釈』簡野道明講述 国語漢文研究会編纂 明治書院 1925(919/10)p26には、梁川星巌作とされている。
しかし『梁川星巌全集』第1-3巻 伊藤信著 梁川星巌全集刊行会 1956-7(919.5/12)には採録されていない。

近畿大学中央図書館より以下のような情報をいただきました。(2012-07-26) 
近代デジタルライブラリー 国立国会図書館
http://kindai.ndl.go.jp/  (2012/07/25確認)

下記の文献に次のような情報がありました。
名文鑑賞読本 漢詩漢文 高須芳次郎編著 厚生閣 昭和12(1937)
p.297
大楠公―徳川斉昭
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1109124/158  (2012/07/25確認)
p.298
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1109124/159  (2012/07/25確認)

p.298
「この詩は従来梁川星巖作と傳へられてゐたが、それは誤りで、實は烈公作である。」
烈公 = 徳川斉昭
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
漢詩文.日本漢文学  (919 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本漢文学大事典』近藤春雄著 明治書院 1985.3 (919/32)
『和漢名詩類選評釈』簡野道明講述 国語漢文研究会編纂 明治書院 1925 (919/10)
キーワード
(Keywords)
徳川斉昭
梁川星巌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000069208解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!