このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000069199
提供館
(Library)
長野市立長野図書館 (2310222)管理番号
(Control number)
長野市立長野-03-019
事例作成日
(Creation date)
2003/09/12登録日時
(Registration date)
2010年07月17日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年06月23日 12時43分
質問
(Question)
「コピー薬品」なる言葉をニュースで聞いたがこれは何か。
回答
(Answer)
コピー薬品は「ジェネリック医薬品」、「後発医薬品」のことだと思われます。
回答プロセス
(Answering process)
インターネットで調べると、「コピー薬品」とは「ジェネリック医薬品」「後発医薬品」のこととある。

『知恵蔵 2003』p1110
『現代用語の基礎知識 2003』p1081
後発医薬品の項目あり。

『おもしろくてためになるクスリと毒の雑学事典』p17
「画期的な新薬が開発されると、その化学構造を少し変えただけのコピー新薬が次々と開発される。また、特許の保護期間が切れると、複数の医薬品メーカーが同じようなクスリを製造する。このような新薬のことを製薬業界では「ゾロ新」と呼んでいる。」とある。

『薬のウラの裏がわかる本』p87-88
「ゾロ品とは、他社のクスリの成分、容量、効能を丸ごとそっくり真似をした一〇〇%のコピー商品である」とある。

『図解&キーワードで読み説く医薬品業界』p111
「ジェネリック薬(ゾロ品)」、「ジェネリック(後発品)」とある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
薬学  (499)
参考資料
(Reference materials)
『知恵蔵 2003』朝日新聞社 2003.01 <R031チ03>
『現代用語の基礎知識 2003』自由国民社 2003.01 <R031ケ03>
『おもしろくてためになるクスリと毒の雑学事典』吉岡 安之/著 日本実業出版社 1999.10 <499ヨ>
『薬のウラの裏がわかる本』栗藤 豊之/著 ぴいぷる社 1988.09 <499リ>
『図解&キーワードで読み説く医薬品業界』晴田 エミ/著,ウィルソン・ラーニングワールドワイド株式会社/著,UPU/著 かんき出版 1998.08 <499ハ>
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000069199解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決