このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000069134
提供館
(Library)
長野市立長野図書館 (2310222)管理番号
(Control number)
長野市立長野-03-008
事例作成日
(Creation date)
2003/05/14登録日時
(Registration date)
2010年07月16日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年09月11日 17時35分
質問
(Question)
叭叭鳥(ハハチョウ)について調べている。中国にいる鳥のようだが、日本にいるか。また、カササギと同じか。
回答
(Answer)
以下参考文献をご紹介しました。
スズメ目ムクドリ科のハッカチョウ(八哥鳥)のようで、日本にもいるようです。

カササギはスズメ目カラス科
回答プロセス
(Answering process)
『角川大字源』p285に「叭」の字あり。
「ハツ」、または「ハ」と読む。

『大辞泉 増補・新装版』にて「ははちょう」と調べる。
p2159に「ははちょう」の項あり。「ハッカチョウの別名。」とあり。
p2138に「はっかちょう」の項あり。

はっかちょう【八哥鳥】
ムクドリ科の鳥。全長二七センチくらい。全体に黒色で、翼に白斑があり、額に冠羽をもつ。飼い鳥とされ、よく人になれる。中国・東南アジアに分布し、台湾の亜種を加令カーレンとよぶ。小九官鳥。ははちょう。


【追記:2011年9月11日】
『三省堂世界鳥名事典』p398にもハッカチョウの項あり。

ハッカチョウ Acridotheres cristatellus Crested Mynah 八哥鳥 スズメ目ムクドリ科
 全長約26cmで大型。雌雄同色。全身が灰色がかった黒色で、下面は淡い。頭は光沢のある黒色で、前頭に短い冠羽がある。初列風切の基部は白色で、飛翔時に目立つ。尾の先端は白色。下尾筒は黒色で、羽縁にうろこ形の白斑がある。嘴は黄色で、基部は赤色。足は橙色。虹彩は金色。中国南部・海南島・台湾・ベトナム・ミャンマーに分布し、フィリピン・カナダ・マレーシアには人為的に持ち込まれた。日本でも輸入され、籠抜けした個体が目撃され、1980年代から繁殖が確認されており、100羽以上の集団塒がみられる。平坦な低地を好み、牧場でウシの足元にいて、追い出される昆虫を捕食したり、果実や種子も食べる。樹洞や建物すき間で繁殖。『続日本紀』(天平4年)に新羅の金長孫が財物とともにハッカチョウを献上したと記す。中国や日本の水墨画などに描かれるハハチョウ(八八鳥・○○鳥(※○は口へんに別))は本種で、台湾ではカーレン(加令)ともいう。

以上のことから日本にも生息しているということがわかる。
事前調査事項
(Preliminary research)
有名なのは、伊藤若冲の「芭蕉叭々鳥図襖絵」 (『ユリイカ2009年11月号』p154に掲載。)
NDC
鳥類  (488)
参考資料
(Reference materials)
『角川大字源』尾崎 雄二郎/〔ほか〕編 角川書店 1992.02 <R813カ> (p285)
『大辞泉 増補・新装版』小学館『大辞泉』編集部/編集 小学館 1998.11 <R813タ> (p2159)
『大辞典 第20巻』平凡社 1994.08 <R031タ20> (p583)
『大辞典 第21巻』平凡社 1994.08 <R031タ21> (p63)
『図説日本鳥名由来辞典』菅原 浩/編著,柿沢 亮三/編著 柏書房 1993.03 <R488ス> (p351-352)
『日本の野鳥590』真木 広造/写真,大西 敏一/解説 平凡社 2000.11 <488ニ> (p600(ハッカチョウ)、p610(カササギ))
『三省堂世界鳥名事典』吉井 正/監修,三省堂編修所/編 三省堂 2005.05 <R488サ> (p398)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000069134解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!