このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000068907
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-1998-013
事例作成日
(Creation date)
1998年06月01日登録日時
(Registration date)
2010年07月09日 10時38分更新日時
(Last update)
2010年10月05日 15時07分
質問
(Question)
知多の「オトキチ」について書かれた資料はあるか。
回答
(Answer)
音吉(乙吉とも)は、知多郡小野浦の宝順丸の乗組員だった三吉(岩吉・久吉・音吉)の一人です。天保3年(1832)10月11に遠州灘で漂流した三吉は、北アメリカのフラッタリー岬に漂着しました。その後、三吉はマカオで最初の日本語訳聖書の翻訳に従事します。さらに上海で日本人漂流民を救う中心的な存在となった音吉は“にっぽん音吉”と呼ばれました。 以下の資料が参考になります。

(1)『にっぽん音吉漂流記』
    音吉についての詳しい伝記です。

(2)『にっぽん音吉漂流の記』
    美浜町の小野浦にある「岩吉/久吉/乙吉頌徳(しょうとく)記念碑」(いわゆる三吉記念碑)や三吉について簡潔に書かれています。

(3)『聖書の日本語』
    「最初の日本語訳聖書」の項に三吉が翻訳に協力したギュツラフ訳の『約翰福音之伝』について書かかれています。

<児童向け>
(4)『音吉少年漂流記』

(5)『七人の日本人漂流民 日本訳聖書の誕生』 

(6)『愛知に輝く人々 7』
    「カシコイモノガ ゴザッタ」の項に三吉について書かれています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
聖書  (193 9版)
参考資料
(Reference materials)
『にっぽん音吉漂流記』 春名徹/著 晶文社 1979年
『にっぽん音吉漂流の記』 日本福祉大学知多半島総合研究所/編 美浜町 1992年
『聖書の日本語』 鈴木範久/著 岩波書店 2006年 p.55-73
『音吉少年漂流記』 春名徹/作 旺文社 1988年
『七人の日本人漂流民 日本語訳聖書の誕生』 保永貞夫/著 小峰書店 1971年
『愛知に輝く人々 7』 愛知県小中学校長会/編 愛知県教育振興会 1986年 p.54-61
キーワード
(Keywords)
音吉
三吉
聖書
ギュツラフ,カール(Gützlaff,Karl)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『レファレンス ’98』掲載事例、追記(2010年7月15日)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000068907解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!