このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000067964
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2009-080
事例作成日
(Creation date)
2010/02/14登録日時
(Registration date)
2010年06月17日 02時01分更新日時
(Last update)
2010年07月02日 13時26分
質問
(Question)
前橋の「時澤」という地名の由来について知りたい。
回答
(Answer)
所蔵資料で群馬県勢多郡富士見村時沢について記述のあった以下の説を紹介した。(群馬県勢多郡富士見村は2009年5月5日に前橋市に編入)
「トキは「研ぎ」、あるいは「削ぎ」(そぎ)と関係し、「崖」のことであろう。赤城山麓の崖下の沢を呼んだ」(『古代地名語源辞典』より)
「ときさは(解沢)」の意で雪解け水によって、土地が湿める所をいう」(『日本古代地名事典より』)
また、参考資料として『地名用語語原辞典』も紹介する。
回答プロセス
(Answering process)
『古代地名語源辞典』(東京堂出版 1981)
p214 ときさは(時沢)『和名抄』上野国勢多郡の郷名。現、群馬県勢多郡富士見村時沢。 「トキは「研ぎ」、あるいは「削ぎ」(そぎ)と関係し、「崖」のことであろう。赤城山麓の崖下の沢を呼んだ地名と思われる。」
前書きの以下の項目に編著者の地名の考え方が書かれている。
p(5)-(6)崖の地名について 以下引用
「崖および崩壊地形を意味すると思われる地名が多いのは、日本列島の地形・土壌・気候から」と書いている。 
p(6)-(7)崩壊用語の転用 以下引用
「「地名を地名として取り扱う」本書編纂の基本姿勢はこれにつきる。」と書いている。

『日本古代地名事典』(新人物往来社 2001)
p149 ときざわ[時沢]
『和名抄』上野国勢多郡に「時沢郷」で見え、群馬県勢多郡富士見村時沢の地をいう。「ときさは(解沢)」の意で雪解け水によって、土地が湿める所をいうのであろう。
はしがきによれば、参考にした資料は「日本地理志料」のようである。
p3「この結果、古代地名の語原は、歴史上の要因も少なくないが、それ以上に地理的環境が大きな比重を占めていることが判明した。」

『地名用語語源辞典』(東京堂出版 1983)
p445-446 とき〔時、常、鴇、土岐、都機〕
①動詞トク(解)の連用形、「バラバラにほどける」意から「崩壊地形、浸食地形」をいうか。
②ツキの転、あるいはトコの転で、「高くなった所」をいうか。つき。とこ。
③トガの転で、「尖った所」をいうか。とが。
④「時」、「常」の用字のものには、中世の名起源のものが多い。
⑤トキ科の鳥の棲息によるものもありうるか。
解説
(略)全国的に広く分布する地名で、自然地名として①~③のように考えるのが妥当か。
p262 さわ〔沢、寒、佐和、佐波〕
解説
この用語は西日本では「湿地」の意味で使われ、東日本では「谷。渓谷」の意味とされているようである。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『古代地名語源辞典』(東京堂出版 1981)
『日本古代地名事典』(新人物往来社 2001)
『地名用語語源辞典』(東京堂出版 1983)
キーワード
(Keywords)
地名-前橋市-群馬県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000067964解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決