このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000067939
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2009-093
事例作成日
(Creation date)
2009/11/10登録日時
(Registration date)
2010年06月17日 02時01分更新日時
(Last update)
2010年07月22日 14時04分
質問
(Question)
健康保険制度が日本で導入された頃の事情が書かれた資料を見たい。また、日本が参考にしたドイツの健康保険制度の内容について知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介する。

日本の制度について
『日本医療保険制度史』(吉原健二 東洋経済新報社 2008)
4章3節「健康保険法の内容 保険料と国庫負担」

ドイツの制度について
『最新・欧米医療保険事情』(久保田章市 社会保険実務研究所 1980)
p38「わが国の手本となったドイツの疾病保険」

「ドイツ医療保険制度の成立」(土田武史 勁草書房  1997)
4章「ビスマルク医療保険法の成立」2「ビスマルク医療保険法の制度的特徴」
回答プロセス
(Answering process)
『日本医療保険制度史』(東洋経済新報社 2008)を調査する。
4章3節に該当する記述あり。
『最新・欧米医療保険事情』(久保田章市著 社会保険実務研究所 1980)
p38「わが国の手本となったドイツの疾病保険」があり、ビスマルクにより創設されたとの記載あり。

《CiNii》を〈ドイツ & 健康保険制度〉で検索する。
ヒットした中で『社会経済史学 vol.65 no.1』および『世界の労働 1997.6』に、「ドイツ医療保険制度の成立」(土田武史著 勁草書房  1997)の書評が掲載されていることがわかる。内容が質問 に該当しそうなので、県内大学図書館より借受して内容を確認する。
4章「ビスマルク医療保険法の成立 2」、「ビスマルク医療保険法の制度的特徴」に詳細な記述あり。

【その他参考の記述のあった調査済み資料】
『医療保険の基本構造;ドイツ疾病保険制度史研究』(国書刊行会 1997)p50
『国民健康保険二十年史(日本社会保障基本文献集 25』(日本図書センター 2008)p89
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会保障  (364 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本医療保険制度史』(吉原健二 東洋経済新報社 2008)
「ドイツ医療保険制度の成立」(土田武史 勁草書房  1997)
『最新・欧米医療保険事情』(久保田章市 社会保険実務研究所 1980)
キーワード
(Keywords)
健康保険ードイツ
健康保険-日本
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000067939解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決