このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000067817
提供館
(Library)
京都市図書館 (2210023)管理番号
(Control number)
右中-郷土-22
事例作成日
(Creation date)
2010/06/12登録日時
(Registration date)
2010年06月15日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年09月26日 20時05分
質問
(Question)
京都の名酒といわれた“柳の酒”について知りたい。
回答
(Answer)
柳の酒(柳酒)は,室町時代の京都を代表する酒です。
下京五条坊門西洞院(現在の仏光寺通西洞院南西)の柳酒屋が醸造し,略して“柳”ともいいます。
当時の公卿や僧侶の日記には“柳”あるいは“柳一荷”などと頻繁に登場し,贈答品として珍重されていました。美酒として知られ,六ツ星紋を商標に他のものよりも一段と高く販売されており,これが酒に銘柄のついた最初のものだといわれています。
室町後期に全盛を迎え,江戸初期には衰退していたもようです。

柳酒屋は造り酒屋兼土倉で,姓は中興(なかおき)氏,代々四郎衛門を名乗りました。応永32~33(1425~26)年に調査した洛中洛外の「酒屋名簿」には,合計342軒の造り酒屋が登録され,その大半が土倉を兼営していました。
柳という名の由来は,店の前に大きな柳の木があったからとも柳の樽を使用したからだともいわれています。
永仁年中(1293-99)法華宗の僧,日像(にちぞう)に帰依し邸内に妙法蓮華寺(柳寺とも ※現在の妙蓮寺)を建立,同宗の京都布教の足がかりとなりました。その後同寺院が衰微した際にも援助し,応永年中(1394-1428)に再興されました。山号の卯木山は、柳の字を分けたものです。
全盛期は幕府が同業者全体に賦課する酒屋土倉役の10パーセント以上を1軒で負担するほどの富商でした。
回答プロセス
(Answering process)
●“京都の酒”をキーワードに資料を探す 【資料1】
伏見の酒に関する資料は多数あるが,それ以外の資料はほとんど見当たらず。

●京都の歴史から探す 【資料2】~【資料6】

●日本酒の歴史から探す 【資料7】~【資料14】

●【資料12】の参考文献より 【資料15】

●室町時代から探す 【資料16】“柳”の出典として,『鳥獣戯歌合物語 上(短編物語)』 『もち酒(天正本狂言)』 『玉吟抄(狂歌)』 『蔭涼軒日録』 とあり。

●雑誌記事から探す CiNii(NII論文情報ナビゲータ)  http://ci.nii.ac.jp/  で“柳酒”をキーワードに検索 【資料17】 当館所蔵なし,未確認。

<追加>
●ブラウジングで発見 【資料18】
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品工業  (588 8版)
衣住食の習俗  (383 8版)
近畿地方  (216 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『京の酒』 (八尋不二著 駸々堂出版 1971) p44
【資料2】『京都大事典』 (佐和隆研ほか編 淡交社 1984) “柳酒屋” p929
【資料3】『京都事典 新装版』 (村井康彦編 東京堂出版 1993)“妙蓮寺” p336 “柳酒” p346
【資料4】『京都市姓氏歴史人物大辞典』 (角川書店 1997) “柳酒屋” p687
【資料5】『京都でいちばん京都がいちばん』 (京都新聞出版センター編・刊 2010) p11
【資料6】『京都-歴史案内』 (矢野貫一著 講談社 1976) “柳寺あと” p74
【資料7】『日本の酒の歴史』 (坂口謹一郎監修 研成社 1999) p170
【資料8】『酒(新・食品事典12)』 (河野友美編 真珠書院 1992) p193,331
【資料9】『日本酒-人と酒のつき合い史』 (井口一幸著 彩流社 1989) p126
【資料10】『日本の食と酒』 (吉田元著 人文書院 1991) p158~159
【資料11】『酒造りの歴史 新装版』 (柚木学著 雄山閣 2005) p22~23
【資料12】『国史大辞典 第7巻』 (吉川弘文館 1986) “酒造業” p381
【資料13】『日本の酒文化総合辞典』 (荻生待也編著 柏書房 2005) p78,83,132
【資料14】『まぼろしの古酒』 (岩野俊著 木耳社 1975) p43~63
【資料15】『日本産業発達史の研究』 (小野晃嗣著 法政大学出版局 1981) p112~114
【資料16】『時代別国語大辞典 室町時代編 5』 (三省堂 2001)“柳” p526
【資料17】『晴富宿祢記にみえる柳酒屋』 (戦国史研究 34号 1997.8 p29-30 戦国史研究会)
【資料18】『中世京都の民衆と社会』 (河内将芳著 思文閣出版 2000) “柳酒屋について” p127~143
キーワード
(Keywords)
柳の酒
柳酒
柳酒屋
柳屋
京都の酒
酒造業
妙蓮寺
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000067817解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!