このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000067531
提供館
(Library)
高知県立図書館・高知市民図書館本館 (2110040)管理番号
(Control number)
県立I2010-001
事例作成日
(Creation date)
2010年4月6日登録日時
(Registration date)
2010年06月06日 10時04分更新日時
(Last update)
2018年08月31日 19時32分
質問
(Question)
国字に関係するという、中世の連歌の懐紙に用いられた「新在家文字」、
「作字修理方」について知りたい。
回答
(Answer)
※ 高知県立図書館・高知市民図書館合築に伴い、資料に関する情報が現在の情報とは異なる場合があります。 ※

下記の資料を紹介しました。
 ①『俳文学大辞典』p.435「新在家文字」(しんざいけもじ)
 ②『連歌概説』p.22~35「懐紙に用ゐたる文字」
 ③『朝倉漢字講座 1 漢字と日本語』p.126~146「国字」
回答プロセス
(Answering process)
1.『俳文学大辞典』で「新在家文字」を引く。
2.『俳文学大辞典』p.435「新在家文字」の参考文献より『連歌概説』を見る。
3.『連歌概説』p.22~35「懐紙に用ゐたる文字」に「新在家文字」の説明あり。
4.その他、『日本国語大辞典』などを引くが、「作字修理方」については項目なし。
  「作事」「作事方」(家や建物の修理をすること、その職業)についてなら項目あり。
5.「連歌」「国字」についての資料を探す。
  →『朝倉漢字講座 1 漢字と日本語』p.126~146「国字」p.134に"『文教温故』にはほかに、
「連歌の懐紙の為に造れる文字」(新在家文字)や「作事修理方にて用ふる文字」という…"
という記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
『俳文学大辞典』 普及版 角川学芸出版 2008年
『連歌概説』 山田 孝雄/著 岩波書店 1980年
『朝倉漢字講座』 1 前田 富祺/編集 野村 雅昭/編  朝倉書店 2005年
キーワード
(Keywords)
連歌
国字
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000067531解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!