このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000067519
提供館
(Library)
浜松市立中央図書館 (2210020)管理番号
(Control number)
浜松008
事例作成日
(Creation date)
2010年06月05日登録日時
(Registration date)
2010年06月05日 15時15分更新日時
(Last update)
2010年06月05日 15時17分
質問
(Question)
戦後、学校教育の教材として剣道が復活したのはいつか?
回答
(Answer)
戦後、軍国的色調の払拭のため、剣道柔道などの武道の授業が中止された。
1952年に文部省が「しない競技」として学校での実施を認め、1953年には「学校における剣道の実施について」という通達が出された。
戦時中、刀剣を兵器として使用する訓練に利用されたため、剣道は柔道より慎重に検討されたとのこと。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
「剣道事典 技術と文化の歴史」中村民雄/著 島津書房 1994 261頁~.269頁~
「戦後教育年表」阿部彰/著 風間書房 2005 129頁・154頁
キーワード
(Keywords)
剣道
しない競技
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000067519解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決