このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000067206
提供館
(Library)
長野市立長野図書館 (2310222)管理番号
(Control number)
長野市立長野-08-048
事例作成日
(Creation date)
2008/12/22登録日時
(Registration date)
2010年05月29日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年01月14日 17時23分
質問
(Question)
北宗(伝)仏教の系譜が見たい。
回答
(Answer)
以下参考資料に北宗・南宗の系譜が掲載されていました。
回答プロセス
(Answering process)
『中国仏教史辞典』(東京堂出版 1981)にて「北宗」を調べる。p358に「北宗」の項があり、「初期禅宗集団の一つ。(中略)北宗は五祖弘忍の弟子の大通神秀が当陽(湖北省)の玉泉寺で活躍し、六祖慧能が韶州(広東省)曹渓山で活躍して南宗と主張したのに対していわれる。」とあり。

『中国仏教史』(岩波書店 1978)p336から中国仏教各宗系譜あり。
p346に禅宗系譜があり、六祖慧能と大通神秀など先の解説に出てきた人物の掲載がある。六祖慧能の続きはかなり後まであるが、大通神秀の続きは載っていない。

禅宗ということから188の棚を通覧。
『禅』p103に北宗と南宗の系譜あり。
『禅の世界』p19に禅宗略系譜あり。こちらは南宗の系譜が『禅』に掲載されているもの以降も載っている。
事前調査事項
(Preliminary research)
自宅の本に南宗仏教の系譜はあった。『日本美術全集 11巻(禅宗寺院と庭園)』(講談社,1993)
→閲覧したが掲載なし。
NDC
各宗  (188)
参考資料
(Reference materials)
『中国仏教史』鎌田 茂雄/著 岩波書店 1979 <182カ>
『禅』中尾 良信/著 ナツメ社 2005.06 <188ナ>
『禅の世界』世界文化社 2006.03 <188セ>
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000067206解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!