このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000067195
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H22-018
事例作成日
(Creation date)
2010年5月28日登録日時
(Registration date)
2010年05月28日 15時41分更新日時
(Last update)
2010年06月22日 13時34分
質問
(Question)
トマトに含まれるトマジンという成分について知りたい。(多量摂取すると毒になるという。)
回答
(Answer)
トマジンではなく、トマチンだった。③⑤⑥⑨⑩⑪の資料提供と、※1のウェブサイトを案内した。
回答プロセス
(Answering process)
食品成分表のようなものに載っているかと思い、調べる本の分類番号498の辺りを探す。
①『五訂増補食品成分表 2010』女子栄養大学出版部 2009(自館請求記号:R498.5)
→記載なし。

②『食生活と栄養の百科事典』中村丁次/(他)編、丸善 2005(自館請求記号:R498.5)
→記載なし。

③『英和・和英栄養・食糧学用語集』日本栄養・食糧学会/編、建帛社 1997(自館請求記号:R498.5)
P.525「トマチン」という用語は載っている。

質問者は「トマジン」と言っていたが、「トマチン」のことかもしれないので、インターネット検索エンジンGoogleで
“トマジン”と“トマチン”についてそれぞれ検索する。
トマジンは化学物質。
「J-GLOBAL」
http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200907009711683078 (2010年5月28日現在)より。

トマチンはトマトなどの茎や葉に含まれているアルカロイド。
※1「トマト来歴」
http://www5.plala.or.jp/nijiya231-9288/Yasai_Kata/tomato/tomatoQA_1.htm (2010年5月28日現在)より。

以上のことから、トマチン(tomatin)だと推測して、調査を進める。

再び分類498の調べものの資料がある棚を直接探して「トマチン」を調べる。
④『オックスフォード食品・栄養学辞典』Arnold E.Bender、David A. Bender/著、朝倉書店 2002(自館請求記号:R498.5)
→記載なし。

⑤『食品衛生化学物質事典』細貝祐太郎/(他)編、中央法規出版 2000(自館請求記号:R498.5)
P.790に記載あり。

⑤には「自然毒」という項目に掲載されていたので、市内OPACで“自然毒”を検索。次の資料が見つかった。

⑥『毒物・中毒用語辞典』Anthony T.Tu/編著、化学同人 2005(自館請求記号:R491)
P.190に記載あり。

⑦『毒性学』藤田正一/編、朝倉書店 1999(自館請求記号:R491)
→記載なし。

⑧『原色食品衛生図鑑 新訂版』細貝祐太郎/編、建帛社 2002(自館請求記号:R498.5)
→記載なし。

⑨『食品衛生化学物質データブック』細貝祐太郎/(他)編、中央法規出版 1998(自館請求記号:R498.5)
P.729の「自然毒」の項目に記載あり。

③、⑤、⑥、⑨には「トマチン」の記載があったが、どれも専門的で解説が難しい。

専門的知識がなくてもわかるような資料も用意しようと思い、一般書も探すことに。
市内OPACで“毒”と分類番号491を組み合わせて検索。次の資料が見つかった。

⑩『へんな毒すごい毒』田中真知/著、技術評論社 2006(自館請求記号:HE491.59)
P.104「例えばピーマンやトマトのような野菜にもアルカロイドは含まれているし(後略)」とあり。

また、市内OPACで“トマト 毒”を検索。

⑪『トマトが野菜になった日』橘みのり/著、草思社 1999(自館請求記号:GA626.27)
「トマトは毒草か薬草か」の章にP.93「トマトが属するナス科には(中略)危険なアルカロイドを含むものが多い。」とあり。

※1に「トマチンは苦味をもたらし、多量摂取するとヒトに毒性があります。顕れ方は、じゃが芋の芽に含まれるソラニンとほぼ同様ですが、量的には毒性のやや弱いアルカロイドです。」とあったので、補足として同時に提示した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
参考資料
(Reference materials)
『五訂増補食品成分表 2010』女子栄養大学出版部 2009 (自館請求記号:R498.5)
『食生活と栄養の百科事典』中村丁次/(他)編、丸善 2005 (自館請求記号:R498.5)
『英和・和英栄養・食糧学用語集』日本栄養・食糧学会/編、建帛社 1997 (自館請求記号:R498.5)
『オックスフォード食品・栄養学辞典』Arnold E.Bender、David A. Bender/著、朝倉書店 2002 (自館請求記号:R498.5)
『食品衛生化学物質事典』細貝祐太郎/(他)編、中央法規出版 2000 (自館請求記号:R498.5)
『毒物・中毒用語辞典』Anthony T.Tu/編著、化学同人 2005 (自館請求記号:R491)
『毒性学』藤田正一/編、朝倉書店 1999 (自館請求記号:R491)
『原色食品衛生図鑑 新訂版』細貝祐太郎/編、建帛社 2002 (自館請求記号:R498.5)
『食品衛生化学物質データブック』細貝祐太郎/(他)編、中央法規出版 1998 (自館請求記号:R498.5)
『へんな毒すごい毒』田中真知/著、技術評論社 2006 (自館請求記号:HE491.59)
『トマトが野菜になった日』橘みのり/著、草思社 1999 (自館請求記号:GA626.27)
キーワード
(Keywords)
トマチン
トマト
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000067195解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!