このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000066828
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H22-013
事例作成日
(Creation date)
2010年5月19日登録日時
(Registration date)
2010年05月19日 19時03分更新日時
(Last update)
2010年06月22日 13時33分
質問
(Question)
「いとこに」という料理があるが、一般的には「従兄弟煮」だが「倭毒護煮」(借りた本に書いてあった。)とはどのように違うのか?
回答
(Answer)
④、⑫、⑭~30の複写物を提供した。
回答プロセス
(Answering process)
市内OPACでキーワード“イトコニ”で検索。次の資料が見つかった。

①『さがみ野のむかし語り』あじさいの会/編、あじさいの会 1990(自館請求記号:K1-38)
→質問者の持っている本と同じ内容のものだった。
P.13「相模原の年中行事の中から」の項目の一つに「倭毒護煮」について
「五月五日の節句に午前中、苗床に種ふりをして、昼に味噌汁の中に小豆、大根切り干し、筍、里芋を入れてよく煮たものをお粥で食べる。その時神棚・床の間、荒神様・仏壇へお供えし、家族一同が揃って食べる習慣になっていた。/これは田の作業が始まってから毒虫に刺されても化膿しないよう魔除けとして行事食となっていた。(後略)」とあり。


直接棚を見て料理に関する調べ物の本を探した。

②『日本料理語源集 新版』中村幸平/著、旭屋出版 2004(自館請求記号:R596)P.66

③『調理用語辞典 改訂版』全国調理師養成施設協会/編、調理栄養教育公社 2000(自館請求記号:R596)P.86

④『たべもの語源辞典』清水桂一/著、東京堂出版 2000(自館請求記号:R596)P.16

②~④の該当ページに「従兄弟煮」についての記述はあったが、「倭毒護煮」についてはなかった。


①を見たということから、「倭毒護煮」は相模原市特有のもので、年中行事に関するものと考え郷土資料の棚で
年中行事の資料がある分類38や、郷土料理の資料がある59の付近を直接探し、次の資料を見つけた。


⑤『相模原の年中行事』相模原市教育委員会/編、相模原市教育委員会 1990(自館請求記号:K1-38)

⑥『相模原の年中行事 続』相模原市教育委員会/編、相模原市教育委員会 1991(自館請求記号:K1-38)

⑦『相模原の祭礼行事』相模原市教育委員会/編、相模原市教育委員会 1989(自館請求記号:K1-38)


⑧『相模原の行事食ごよみ』相模原市経済部農林課/編、相模原市経済部農林課 2007(自館請求記号:K1-59)

⑨『さがみはら産の野菜を使った料理レシピ』相模原市農政課/編、相模原市農政課 2006(自館請求記号:K1-59)

⑩『ふるさと相模原旬の味』相模原市環境経済局経済部農林課/編、相模原市環境経済局経済部農林課 2008
 (自館請求記号:K1-59)


⑤~⑩には記載がなかった。


近隣地域の郷土料理の資料に範囲を広げて直接棚を探し、次の資料を見つけた。


⑪『伝承写真館日本の食文化 4』農山漁業文化協会/編、農山漁村文化協会 2006(自館請求記号:K0-59)
P.143に「いとこ煮」の写真あり。

⑫『日本の食生活全集 14』日本の食生活全集神奈川編集委員会/編、農山漁村文化協会 1992(自館請求記号:K0-59)
P.108「いとこ煮」の項目に「夏の日常の食事」とあり。
P.186「いとこ汁(ふきとゆでた小豆を入れたおつゆ)」とあり。

⑬『日本の食生活全集 13』日本の食生活全集東京編集委員会/編、農山漁村文化協会 1988
(自館請求記号:K9-59/多摩地域)
P.297「いとこ煮」の項目に「十一月八日のお十夜には、お寺におまいりにきた人に、いよこ煮がふるまわれる(後略)」とあり。

⑭『忘れられない農家の味をあなたへ』県央地域女性農業者連絡協議会食サークル/編、神奈川県県央地域農業改良普及センター 2003(自館請求記号K0-59)P.25~26「倭毒護煮‐田の毒虫から守る行事食‐」の項目に「5月5日の節句には(中略)昔から昼に倭毒護煮を食べる慣わしになっています。」とあり。

⑬と⑭より、多摩地域では11月8日に、神奈川県央地域では5月5日に食べる風習があるということがわかった。


郷土資料は一通り調べたので、食べものの事典を直接棚から探し次の資料をみつけた。


⑮『たべもの日本史総覧愛蔵保存版』西山松之助/(他)著、新人物往来社 1994(自館請求記号:R383.8)
P.392「いとこに(従兄弟煮)」の項目に「正月事始めに作ったおこと汁が転じた。」とあり。
P.451岐阜県の郷土料理として「いとこ煮」が紹介されている。


ここまでの調査では「従兄弟煮」と「倭毒護煮」の違いについて書かれた資料は見つけられなかったが
全国で食べられていて、各地で食べる時期や具材、作り方などの違いがあることがわかった。

ここで一旦質問者に結果を報告したところ、各地でどのような違いがあるのかということも知りたいとのことで
次の資料を探し、複写物を提供した。

これまでの調査で見つけた⑬には日本全国のシリーズ物だったので、他の地域でいとこ煮が出ているものを索引から探した。
⑯『日本の食生活全集 50』農山漁村文化協会編集部/編、農山漁村文化協会 1993(自館請求記号:LI596)
P.91「いとこ煮」が載っている地域は、次のとおり。

前述の⑫神奈川県P.108、⑬東京都P.297

⑰『日本の食生活全集 15』新潟の食事編集委員会/編、農山漁村文化協会 1985(自館請求記号:LI596)
P.45
⑱『日本の食生活全集 16』日本の食生活全集富山編集委員会/編、農山漁村文化協会 1989(自館請求記号:LI596)
P.53
⑲『日本の食生活全集 17』日本の食生活全集石川編集委員会/編、農山漁村文化協会 1988(自館請求記号:LI596)
P.184
⑳『日本の食生活全集 18』日本の食生活全集福井編集委員会/編、農山漁村文化協会 1987(自館請求記号:LI596)
P.245
21『日本の食生活全集 20』日本の食生活全集長野編集委員会/編、農山漁村文化協会 1986(自館請求記号:LI596)
P.201
22『日本の食生活全集 23』日本の食生活全集愛知編集委員会/編、農山漁村文化協会 1989(自館請求記号:LI596)
P.107、161
23『日本の食生活全集 25』日本の食生活全集滋賀編集委員会/編、農山漁村文化協会 1991(自館請求記号:LI596)
P.195、234
24『日本の食生活全集 26』日本の食生活全集京都編集委員会/編、農山漁村文化協会 1985(自館請求記号:LI596)
P.157、314
25『日本の食生活全集 28』日本の食生活全集兵庫編集委員会/編、農山漁村文化協会 1992(自館請求記号:LI596)
P.34
26『日本の食生活全集 32』日本の食生活全集島根編集委員会/編、農山漁村文化協会 1995(自館請求記号:LI596)
P.130
27『日本の食生活全集 34』日本の食生活全集広島編集委員会/編、農山漁村文化協会 1987(自館請求記号:LI596)
P.135
28『日本の食生活全集 35』日本の食生活全集山口編集委員会/編、農山漁村文化協会 1989(自館請求記号:LI596)
P.168、259、288
29『日本の食生活全集 40』日本の食生活全集福岡編集委員会/編、農山漁村文化協会 1987(自館請求記号:LI596)
P.102
30『日本の食生活全集 44』日本の食生活全集大分編集委員会/編、農山漁村文化協会 1992(自館請求記号:LI596)
P.193、220

以上の資料はどれも表記が「いとこ煮」だったが、材料や作り方に違いがある。
④、⑫、⑭~30の複写物を提供した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 9版)
風俗習慣.民俗学.民族学  (38 9版)
参考資料
(Reference materials)
『さがみ野のむかし語り』あじさいの会/編、あじさいの会 1990 (自館請求記号:K1-38)
『日本料理語源集 新版』中村幸平/著、旭屋出版 2004 (自館請求記号:R596)
『調理用語辞典 改訂版』全国調理師養成施設協会/編、調理栄養教育公社 2000 (自館請求記号:R596)
『たべもの語源辞典』清水桂一/著、東京堂出版 2000 (自館請求記号:R596)
『相模原の年中行事』相模原市教育委員会/編、相模原市教育委員会 1990 (自館請求記号:K1-38)
『相模原の年中行事 続』相模原市教育委員会/編、相模原市教育委員会 1991 (自館請求記号:K1-38)
『相模原の年中行事 続』相模原市教育委員会/編、相模原市教育委員会 1991 (自館請求記号:K1-38)
『相模原の祭礼行事』相模原市教育委員会/編、相模原市教育委員会 1989 (自館請求記号:K1-38)
『相模原の行事食ごよみ』相模原市経済部農林課/編、相模原市経済部農林課 2007 (自館請求記号:K1-59)
『さがみはら産の野菜を使った料理レシピ』相模原市農政課/編、相模原市農政課 2006 (自館請求記号:K1-59)
『ふるさと相模原旬の味』相模原市環境経済局経済部農林課/編、相模原市環境経済局経済部農林課 2008 (自館請求記号:K1-59)
『伝承写真館日本の食文化 4』農山漁業文化協会/編、農山漁村文化協会 2006 (自館請求記号:K0-59)
『日本の食生活全集 14』日本の食生活全集神奈川編集委員会/編、農山漁村文化協会 1992 (自館請求記号:K0-59)
『日本の食生活全集 13』日本の食生活全集東京編集委員会/編、農山漁村文化協会 1988 (自館請求記号:K9-59/多摩地域)
『忘れられない農家の味をあなたへ』県央地域女性農業者連絡協議会食サークル/編、神奈川県県央地域農業改良普及センター 2003 (自館請求記号K0-59)
『日本の食生活全集 50』農山漁村文化協会編集部/編、農山漁村文化協会 1993 (自館請求記号:LI596)
『日本の食生活全集 15』新潟の食事編集委員会/編、農山漁村文化協会 1985 (自館請求記号:LI596)
『日本の食生活全集 16』日本の食生活全集富山編集委員会/編、農山漁村文化協会 1989 (自館請求記号:LI596)
『日本の食生活全集 17』日本の食生活全集石川編集委員会/編、農山漁村文化協会 1988 (自館請求記号:LI596)
『日本の食生活全集 18』日本の食生活全集福井編集委員会/編、農山漁村文化協会 1987 (自館請求記号:LI596)
『日本の食生活全集 20』日本の食生活全集長野編集委員会/編、農山漁村文化協会 1986 (自館請求記号:LI596)
『日本の食生活全集 23』日本の食生活全集愛知編集委員会/編、農山漁村文化協会 1989 (自館請求記号:LI596)
『日本の食生活全集 25』日本の食生活全集滋賀編集委員会/編、農山漁村文化協会 1991 (自館請求記号:LI596)
『日本の食生活全集 26』日本の食生活全集京都編集委員会/編、農山漁村文化協会 1985 (自館請求記号:LI596)
『日本の食生活全集 28』日本の食生活全集兵庫編集委員会/編、農山漁村文化協会 1992 (自館請求記号:LI596)
『日本の食生活全集 32』日本の食生活全集島根編集委員会/編、農山漁村文化協会 1995 (自館請求記号:LI596)
『日本の食生活全集 34』日本の食生活全集広島編集委員会/編、農山漁村文化協会 1987 (自館請求記号:LI596)
『日本の食生活全集 35』日本の食生活全集山口編集委員会/編、農山漁村文化協会 1989 (自館請求記号:LI596)
『日本の食生活全集 40』日本の食生活全集福岡編集委員会/編、農山漁村文化協会 1987 (自館請求記号:LI596)
『日本の食生活全集 44』日本の食生活全集大分編集委員会/編、農山漁村文化協会 1992 (自館請求記号:LI596)
キーワード
(Keywords)
いとこに
従兄弟煮
倭毒護煮
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000066828解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決