このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000066768
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H22-012
事例作成日
(Creation date)
2010年5月19日登録日時
(Registration date)
2010年05月18日 16時06分更新日時
(Last update)
2010年06月22日 13時33分
質問
(Question)
旧東海道(箱根~日本橋)のガイドブックが読みたい。実際に歩くときに役立つような、地図や史跡の案内が載っているものを希望。
回答
(Answer)
①~⑦を提供。
回答プロセス
(Answering process)
「東海道」について定義をはっきりさせるため、事典をあたることにする。
直接棚を見て日本史関連の事典を探した。

『平凡社日本史事典』平凡社/編、平凡社 2001(自館請求記号:R210.0)
古代と近世とで2通りの東海道が存在するが、質問の内容から近世の方と思われる。
P.「東海道」の項目には、次のようにある。
「五街道の一つ。江戸と京都を結ぶもっとも重要な街道で(中略)日本橋‐三条大橋間に
以下53の宿駅が整えられ俗に東海道五十三次と呼ばれる」
現在の国道1号線に相当し、箱根も宿駅にあたるという。

自館OPACにて“東海道”を検索し、ヒットした資料の分類番号291.093付近の棚を直接探す。
その中から質問者が求めている地図や解説の多そうな資料を見つけ、以下の①~⑦を提供した。

①『週刊日本の街道 3』講談社 2002(自館請求記号:TR291)
②『地図と写真で歩く旅東海道 日本橋~箱根編』永田一八/著、毎日コミュニケーションズ 2007(自館請求記号:291.093)
③『東海道を歩く』本多隆成/著、吉川弘文館 2007(自館請求記号:291.093)
④『東海道五十三次ガイド 決定版』東海道ネットワークの会21/著、講談社 2005(自館請求記号:B291.09)
⑤『東海道五十三次ハントブック 改訂版』森川昭/著、三省堂 2007(自館請求記号:291.093)
⑥『東海道を歩く 改訂版』山と渓谷社 2006(自館請求記号:TR291.093)
⑦『東海道を歩く旅』山と渓谷社 2008(自館請求記号:TR291.093)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『平凡社日本史事典』平凡社/編、平凡社 2001 (自館請求記号:R210.0)
『週刊日本の街道 3』講談社 2002 (自館請求記号:TR291)
『地図と写真で歩く旅東海道 日本橋~箱根編』永田一八/著、毎日コミュニケーションズ 2007 (自館請求記号:291.093)
『東海道を歩く』本多隆成/著、吉川弘文館 2007 (自館請求記号:291.093)
『東海道五十三次ガイド 決定版』東海道ネットワークの会21/著、講談社 2005 (自館請求記号:B291.09)
『東海道五十三次ハントブック 改訂版』森川昭/著、三省堂 2007 (自館請求記号:291.093)
『東海道を歩く 改訂版』山と渓谷社 2006 (自館請求記号:TR291.093)
『東海道を歩く旅』山と渓谷社 2008 (自館請求記号:TR291.093)
キーワード
(Keywords)
旧東海道
ガイドブック
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000066768解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!