このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000066718
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H22-010
事例作成日
(Creation date)
2010年5月16日登録日時
(Registration date)
2010年05月16日 10時47分更新日時
(Last update)
2010年06月22日 13時33分
質問
(Question)
トマトのラテン語学名「Solanum lycopersicum」が載っている本のコピーをとりたい。
回答
(Answer)
⑫、⑭の該当ページの複写物を提供。
回答プロセス
(Answering process)
トマトの学名ということなので直接棚を見て植物図鑑を探し、以下の資料を確認した。

①『原色牧野植物大図鑑合弁花・離弁花編 改訂版』牧野富太郎/著、北隆館 1996(自館請求記号:R470)
→P.228、229「なす科トマト属」の項目

②『牧野新日本植物圖鑑 新訂』牧野富太郎/著、小野幹雄/(他)編、北隆館 1989(自館請求記号:R470)
→P.666

③『植物レファレンス事典』日外アソシエーツ編集部/編、日外アソシエーツ 2004(自館請求記号:R470)
→P.631

④『植物3.2万名前大辞典』日外アソシエーツ 2008(自館請求記号:R470)
→P.447

⑤『世界大百科事典 20 改訂版 トウケ-トン』平凡社 2006(自館請求記号:R031)
→P.447

①~⑤は上記のページにトマトの学名の記載はあるが、いずれも「ycopersion e sculentum Mill」となっている。

⑥『花図鑑野菜+果物』草土出版 2008(自館請求記号:GA626.038)
→P.134から「Solanum」はナス科を指していることがわかった。

学名についての本を探すため、自館OPACで書名“学名”を検索。

⑦『野菜園芸大百科 2』農山漁村文化協会/編、農山漁村文化協会 1998(自館請求記号:R626)
→P.173「品種分化と特性の進化」という項目にトマトの学名についての記述あり。
「現在、一般に栽培されているトマトの学名はLycopersicon esculentumで、リコペルシコンが属名、エスキュレンツウムが種名である(中略)Solanum Pennelliiは最近までLycopersiconに分類する人もあったくらいで(後略)」とあり。
⑧『生物学名命名法辞典』平嶋義宏/著、平凡社 1994(自館請求記号:R460)
トマトの学名は時代によって変わっているようなので、インターネットで調べてみる。

インターネット検索エンジンGoogleで“トマト 学名”を検索し、次のサイトを見つけた。
「食べごろトマト‐トマトの果肉に魅せられて‐」 http://www.tabegorotoma10.com/ (2010年5月16日現在)
→「近年になり、ナス属に戻そうということになった」という記述あり。
ここでは、近年とはいつなのか、なぜ戻そうということになったのかということはわからない。


「国立国会図書館のリサーチナビ」で学名の探し方がないか調べた。
「植物の学名について調べる」(2009年5月10日更新)
http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-400160.php (2010年5月16日現在)

「植物の一般名から学名を調べるための参考書」の項目の中から、新しい資料で自館にあるものを探す。
⑨『有用植物和・英・学名便覧』由田宏一/編、北海道大学図書刊行会 2004(自館請求記号:R471)
P.82に異名としてSolanum~が紹介されている。

また、「植物の学名を調べるためのインターネット上の情報源」の項目の中から、
アメリカの農務省のデータベースがあったので次のサイトを見てみる。
「USDA PLANTS」 http://plants.usda.gov/index.html (2010年5月16日現在)
2つの学名“Solanum lycopersicon”と“Lycopersicon esculentum”を検索すると、“Solanum”が上位にヒットする。


自館OPACにて“トマト”を検索。
⑩『トマトが野菜になった日』橘みのり/著、草思社 1999(自館請求記号:GA626.27)
→P.222にリンネの分類法である「Solanum lycopersicon」とミラーの分類法である「Lycopersicon esculentum」の記述あり。

⑪『野菜園芸大百科 2 第2版』農山漁村文化協会/編、農山漁村文化協会 2004(自館請求記号:R626)
→分類について「Solanum~」の記述なし。

再びインターネット検索エンジンGoogleで“学名 命名 トマト”を検索。
→“保留名”というものの説明が次のサイトにあった。
「世界の植物、植物名の由来」
http://www.geocities.jp/plants_name/nom-cons.html (2010年5月16日現在)
保留名とは、「命名規約の例外として、変更を保留された学名。」とある。
このサイトの参考文献として紹介されていた資料を自館OPACで検索。

⑫『園芸植物大事典 2コンパクト版 テ~ワ』青葉高/(他)編、小学館 1994(自館請求記号:R623)
→P.1416「トマト」の項目に異名としてSolanum属としての名がある。
この資料と同じシリーズの索引で、「保留名」を探す。
⑬『園芸植物大事典 用語・索引 コンパクト版』青葉 高/(他)編、小学館 1994(自館請求記号R623)
→P.244に命名規約、P.246に学名の保留についての記載あり。

⑭『植物の名前のつけかた』L.H.ベイリー/著、八坂書房 1996(相模原市立図書館請求記号:470)
→P.44にリンネとミラーのトマトの学名について記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
植物学  (470 9版)
蔬菜園芸  (626 9版)
園芸植物学.病虫害  (623 9版)
参考資料
(Reference materials)
『原色牧野植物大図鑑合弁花・離弁花編 改訂版』牧野富太郎/著、北隆館 1996 (自館請求記号:R470)
『牧野新日本植物圖鑑 新訂』牧野富太郎/著、小野幹雄/(他)編、北隆館 1989 (自館請求記号:R470)
『植物レファレンス事典』日外アソシエーツ編集部/編、日外アソシエーツ 2004 (自館請求記号:R470)
『植物3.2万名前大辞典』日外アソシエーツ 2008 (自館請求記号:R470)
『世界大百科事典 20 改訂版 トウケ-トン』平凡社 2006 (自館請求記号:R031)
『花図鑑野菜+果物』草土出版 2008 (自館請求記号:GA626.038)
『野菜園芸大百科 2』農山漁村文化協会/編、農山漁村文化協会 1998 (自館請求記号:R626)
『生物学名命名法辞典』平嶋義宏/著、平凡社 1994 (自館請求記号:R460)
『有用植物和・英・学名便覧』由田宏一/編、北海道大学図書刊行会 2004 (自館請求記号:R471)
『トマトが野菜になった日』橘みのり/著、草思社 1999 (自館請求記号:GA626.27)
『野菜園芸大百科 2 第2版』農山漁村文化協会/編、農山漁村文化協会 2004 (自館請求記号:R626)
『野菜園芸大百科 2 第2版』農山漁村文化協会/編、農山漁村文化協会 2004 (自館請求記号:R626)
『園芸植物大事典 2コンパクト版 テ~ワ』青葉高/(他)編、小学館 1994 (自館請求記号:R623)
キーワード
(Keywords)
トマト
学名
Solanum Lycopersicum
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000066718解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決