このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000066304
提供館
(Library)
岩手県立図書館 (2110044)管理番号
(Control number)
岩手-0033
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2010年04月26日 09時26分更新日時
(Last update)
2010年10月27日 13時09分
質問
(Question)
天保8年、岩手県花巻地方の百姓一揆で指導者であった4人中、忠右衛門(南笹間)と与右衛門(中笹間)の田畑石高が知りたい。
回答
(Answer)
名前と石高が記された天保8年当時の資料は見つからず。参考資料の紹介。

・年代は違うが、名前と石高の記録が残されている可能性がある資料
 <和本>
 『検地帳』 和賀郡 二子通 中笹間村(マイクロフィルム) 天保15年2月 
 『検地帳』 和賀郡 二子通 南笹間村(マイクロフィルム) 天保15年4月

・該当地域の石高(天保8年)が確認できる資料
 <刊本>
 『岩手県史』第5巻 近世篇2 
 p.804 「天保八年三十二通分御蔵給所高」中に、和賀郡としての値。(p.938にも同じ値の表)
 p.953 「天保八年領内郷村石高」中に、和賀郡二子通笹間としての値。
 『南部盛岡藩御領分中各村御蔵・給所惣高書上帳(天保八年) 南部盛岡藩諸士・御給人等 知行所書上(天保十年)』郷土史叢 第4集
 p.32 天保八年、二子・万丁目通「3 笹間村」として御蔵高・給所高の値。
 <和本>
 岩手県誌資料『南部領各村御蔵給所総高 郷村摘志 明治二年 四郡郷村高 郷村帳』
 (『岩手県史』第5巻 近世篇2 に掲載された事項の典拠資料。)

・忠右衛門と与右衛門について記述が確認できる資料
 <刊本>
 『笹間郷土誌』
 p.21-22 百姓一揆の項に名前有り。
 『花巻の歴史』上
 p.167 「5、江戸時代の繁栄」「十五、天保の一揆と矢沢の騒動」
 『一揆の激流』
 p.259-261 第四章 1 (22)代表、南笹間村忠右衛門、太田村与右衛門
 p.295-299 終之章 1 (4)喜四郎と与右衛門 (5)南笹間村忠右衛門
 p.310 「天保の全領強訴」処分一覧 
 『森嘉兵衛著作集』第7巻 南部藩百姓一揆の研究
 p.314-331 「第7章 天保期の百姓一揆」「第六節 天保八年盛岡南方一揆の伊達領越訴」

回答プロセス
(Answering process)
1 百姓の名前と石高が記されている資料について確認
 <刊本>参考資料としては『雑書(盛岡藩家老席日記)』が挙げられる。翻刻資料が出版継続中であるが、天保8年分は現時点(2010年3月)では未刊行。
 <和本>『名寄帳』『検地帳』があるが、古文書であり、解読が必要。

岩手古文書学会の方に確認したところ、“検地帳や名寄帳のほかに宗門改帳(宗門人別改帳とも言う)に記されている可能性もあるが、宗門改帳は岩手県立図書館の和本の中には無かったと思う。また、記された年代が違っても、その地域でその人物がどのように伝えられているか(英雄的に伝えられている場合など)によって、場合によっては死後も名前が残されている事もある。”ということで、天保15年の『検地帳』を紹介。

「名寄帳」…名寄帳は地主ごとに村内の所有地を集めて記録し、その高をも併記したもので、小作人を記入したもの、御蔵、給所等の区別を附したものもある。名寄は名寄帳の略称である。(出典『用語南部盛岡藩辞典』)
「検地帳」「宗門改帳」については、『国史大辞典』より「検地」「宗門人別改帳(しゅうもんにんべつあらためちょう)」を参照。

2 該当地域の石高(天保8年)を地史や書上帳で調査
 
3 中右衛門と与右衛門について、地史や百姓一揆の資料で調査
  
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
東北地方  (212 9版)
農業史.事情  (612 9版)
参考資料
(Reference materials)
『用語南部盛岡藩辞典』 一ノ倉則文ほか/編 東洋書院 1984年
『国史大辞典』5 国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1985年
『国史大辞典』7 国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1986年
『岩手県史』第5巻 近世篇2 岩手県/編 杜陵印刷 1963年
『南部盛岡藩御領分中各村御蔵・給所惣高書上帳(天保八年) 南部盛岡藩諸士・御給人等 知行所書上(天保十年)』郷土史叢 第4集 吉田義昭/編 郷土史叢刊行会 1976年
『笹間郷土誌』 笹間郷土誌編集委員会/編 花巻市笹間公民館 1994年 
『花巻の歴史』上 及川 雅義/著 及川 惇/編 国書刊行会 1983年
『一揆の激流』 佐々木京一/著 民衆社 1993年
『森嘉兵衛著作集』第7巻 南部藩百姓一揆の研究 森嘉兵衛/著 法政大学出版局 1974年
『編年百姓一揆史料集成』第14巻 天保7年~天保8年 青木虹二/著 三一書房 1986年
「内史畧」后1~后10(『岩手史叢』第4巻に収録) 岩手県立図書館/編
 岩手県文化財愛護協会 1974年
『花巻市史』近世篇1 熊谷章一/著 花巻市教育委員会 1972年
『岩手県災異年表』 盛岡地方気象台ほか/編・発行 1979年
『藩法集』9盛岡藩 下 藩法研究会/編 創文社 1971年 
キーワード
(Keywords)
百姓一揆
石高
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
岩手県立図書館ホームページ レファレンス事例データベース検索
「南部藩の各村の石高について」
http://www.library.pref.iwate.jp/opac/wopc/pc/pages/ReferenceSearch.jsp?srv=
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000066304解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!