このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000066013
提供館
(Library)
長野市立長野図書館 (2310222)管理番号
(Control number)
長野市立長野-08-013
事例作成日
(Creation date)
2009/02/26登録日時
(Registration date)
2010年04月20日 02時00分更新日時
(Last update)
2010年08月09日 13時09分
質問
(Question)
「パンとサーカス」という言葉があるが、正確な意味が知りたい。
回答
(Answer)
穀物の配給や、戦車競走(サーカス)によって、市民が政治的盲目に置かれていると古代ローマ社会を揶揄したもの。
回答プロセス
(Answering process)
インターネットで「パンとサーカス」と検索。ウィキペディアのページがヒットする。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B9  (最終確認:2010年4月16日)
読み進めていくと、「ユウェナリス『風刺詩集』第10篇77-81行」とあったので、所蔵検索で「ユウェナリス」を検索。『サトゥラェ 諷刺詩』がヒットする。
p226に「かつて王権を(要職の象徴たる)束桿を、軍団を、一切を、賦与していた(主権者たる)民衆はいまや自制し、そればかりか、つぎの二つのことだけに執念を燃やしている――(つまり)パンと戦車競走だ!」とある。
p241の注によると、穀物を貧民に分配する制度があったこと、戦車競走も実力者が負担したローマ人の好んだ見世物でCircus Maximusで行われたことが記載されている。また、「ドストイェフスキーは『カラマーゾフの兄弟』の中に、ここのユウェナーリスの文句panem et circenses!を原文のまま引用してロシアの俗衆の愚かさを表現している。」ともある。
所蔵検索で「パンとサーカス」と検索。2件ヒット。
『パンとサーカス』p13-14に「〝PANEM ET CIRCENSES〟または「パンとサーカス」という語句は、ユヴェナリスの諷刺詩第一〇番に由来する。」とあり、また「ユヴェナリスは、気まぐれな民衆が、食料の給付と、競技場、闘技場の魅惑のために、その政治責任を放棄したから、ローマ共和国は帝国に道をゆずったのだとほのめかす。」ともある。

上記の内容を回答し、資料を貸し出す。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
ラテン文学  (992)
参考資料
(Reference materials)
『サトゥラェ 諷刺詩』ユウェナーリス/著,藤井 昇/訳 日中出版 1995.08 <992ユ>
『パンとサーカス 社長衰退としてのマス・カルチュア論』P.ブラントリンガー/著,小池 和子/訳 勁草書房 1986.07 <361.6フ>
キーワード
(Keywords)
風刺
ラテン語
ユウェナーリス
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000066013解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!