このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000065620
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図-20100129
事例作成日
(Creation date)
2010年01月29日登録日時
(Registration date)
2010年03月31日 12時02分更新日時
(Last update)
2010年11月02日 13時56分
質問
(Question)
福井県の九頭竜川(くずりゅうがわ)について、九頭竜にまつわる神話、民話、伝説にはどんなものがあるのか。九つの頭にそれぞれ何か意味があるのか、宗教との関わりなども含めて知りたい。
回答
(Answer)
1.九頭竜川の名前の由来について
諸説あるが、主なものは以下のとおり。
○寛平元(889)年、平泉寺の白山権現が衆徒の前に示現され、その尊像を川に浮かばせたところ一身九頭の竜が現れ、尊像を捧げいただき流れ下って黒流大明神社の対岸に着いた。それ以降、この川を九頭竜川と名づけた。
○承平の頃(931年頃)、国土を護るために国の四隅に黒竜大明神が置かれ、このうち北は越前の崩山であった。この黒竜大明神の祭神は水体、黒竜王であり、その前を流れる川を「黒竜川」と呼ぶようになった。黒竜と書いてクズリュウと読ませた。
○「大乗院寺社雑事記」(1480年)の絵図に「崩川(くずれかわ)」という名前が見られ、「太平記」には黒竜神社を「クズレ明神」と記している。
*『九頭竜川物語』(建設省近畿地方建設局福井工事事務所)より

2.福井県内に伝わる九頭竜伝説について
「九つの頭をもった竜」や「九頭の竜が住んでいた」などが見られるが、竜を詳しく表現しているものはなく、竜のもつ意味はわからなかった。
●『龍:その多様な信仰と意匠』(福井県立歴史博物館/編・発行 2009)
p53~55:福井県に残る龍の伝説あり
●『千石平と九頭竜』(永平寺町教育委員会/編 1983)
  p61~66:九頭竜川に伝わる伝説あり
●『若狭・越前の民話 第2集』(杉原丈夫,石崎直義/編 未来社 1978)
  p116~117:「黒竜(くずりゅう)」

竜は架空の動物で、原産地はインドと中国であり、日本の神話伝説では竜の正体は大蛇である。(『いずみ村の伝説と民話』和泉村教育委員会p8参照)
回答プロセス
(Answering process)
1.郷土資料で伝説、民話に関する資料(H380~388)を探す。
2. 一般資料の竜に関する資料を探す。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝説.民話[昔話]  (388 8版)
日本  (291 8版)
河海工学.河川工学  (517 8版)
参考資料
(Reference materials)
『九頭竜川河譜』(橋川時雄/著 福井県・近畿建設局福井工事事務所 1950)H381/H/1
『越前若狭河川のルーツ』(上杉喜寿/著 福井県郷土誌出版研究会 1982)H290/U2/2
『ふくいの川』(上杉喜寿/著 福井県文化振興事業団 1995) H290/U2/6
『龍:その多様な信仰と意匠』(福井県立歴史博物館/編・発行 2009)H380/H10/4
『千石平と九頭竜』(永平寺町教育委員会/編 1983)H388/E3/1
『九頭竜川物語』(建設省近畿地方建設局福井工事事務所 1998)H517/K/8
『若狭・越前の民話 第2集』(杉原丈夫,石崎直義/編 未来社 1978)H388/W/2
『若狭・越前の伝説』(駒敏郎/著 角川書店 1980)H388/K6/1
『越前若狭の伝説』(杉原丈夫/編 松見文庫) H388/E/1
『福井県の伝説』(河合千秋/編 福井県教科書供給所) H388/S4/2
キーワード
(Keywords)
伝説
昔話
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000065620解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!