このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000065594
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2009006088
事例作成日
(Creation date)
2009/12/14 登録日時
(Registration date)
2010年03月25日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年03月25日 02時11分
質問
(Question)
グリム童話の「蛙の王子」は、蛙が王女に壁に叩きつけられると蛙から王子に変身するというエンディングだが、王女が蛙にキスをすると王子に変わる話が巷には流布しているようだ。キスをする方の資料はあるか。
回答
(Answer)
グリム童話で、魔法にかけられた蛙の王子が、お姫様のキスで王子に戻るという話は見当たらない。

○グリムの各版について
『グリム童話を読む事典』(資料1)によると、グリム童話には、初版から七版までと、初版以前の「エーレンベルク稿」があり、現在出版されているグリム童話はほぼ七版を採用している。それぞれの版に収められている「蛙の王様」のタイトルと内容は以下の通り。

(1)エーレンベルク稿 25番「王女と魔法をかけられた王子」(資料2)
ストーリーは七版と同じだが、装飾的な文章が少ない。蛙は壁に投げつけられて、王子に戻る。
(2)初版1巻1番「かえるの王さま または鉄のハインリヒ」(資料3)
エーレンベルク稿より冒頭部分が付け加えられているが、ストーリーは同じ。蛙は壁に投げつけられて、王子に戻る。
(3)初版3巻13番「かえるの王子」(資料4、5)
1人の王様に3人の娘がいた。上の娘が庭の泉の水を汲むと濁っている。蛙が出てきて、お嫁になってくれるなら澄んだ水をあげると言うが、娘は断る。2番目の娘も断り、3番目の娘が承知するが、本気ではない。夜、3番目のお姫様が寝ていると、蛙がやってきてドアを開けてくれと頼む。お姫様は約束だからとベッドに入れてやる。3日間同じ事が起きて、3日目の夜が明けると蛙は美しい王子になっていた。

『一つよけいなおとぎ話』(資料6)には、「蛙の王さまあるいは鉄のハインリヒ」のエーレンベルク稿、初版、第二版、第三版の4テクストの移動について、詳しく述べられている。いずれのテクストも「壁にぶつける」ところは変わっていない。

○類話について
『世界昔話ハンドブック』(資料7)の「蛙の王様」の項には、この伝承はドイツのほか、北欧、東欧に分布し、蛙の代わりに、東欧では蛇、ざりがになどの求愛もある。ベヒシュタイン『メルヒェンの本』(1857年刊)第36話「オダと蛇」にも蛇が登場する。変身の手段には、壁に投げつけるほかに、娘がキスをする、蛙の頭を切るなどがあると記述あり。
また、『グリム昔話集1』(資料8)には、「a.蛙は娘の床に寝ることが許され、b.接吻したため、c.首を斬られたため、d.壁に叩きつけられたため、e.蛙の皮が焼かれた為に、魔法が解ける」とあり、「この昔話の分布はかなり広い」とある。
キスで魔法が解ける話としては、「なまけ者と働き者」(資料9)があり、娘がカラスにキスすると、若者になる。また、「少女と蛇」(資料10)で、少女が蛇にキスをすると王子に変わるといった話がある。

○日本での翻訳について
日本で翻訳されているグリム童話の「蛙の王様」について、40点余り調べたが、いずれも壁に叩きつけて魔法が解けている。例外は『かえるの王さま』(資料11)で、お姫様が蛙にあやまって、やさしく布団をかけると、金色の光がひらめいて、王子に戻る。

○その他
リンドグレーンの『やかまし村はいつもにぎやか』(資料12)には、主人公のリーサとアンナが魔法にかかった王子かもしれないと言って、蛙にキスする場面がある。スウェーデンでは、蛙にキスをするお話が広く伝わっているのかもしれない。北欧の昔話を探したが、上記の「少女と蛇」しか見つからない。
そのほか、蛙の出てくる話、グリム以外のドイツの昔話などを見たが、蛙の王子がキスによって、魔法が解けるという話は見つからない。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (943 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 グリム童話を読む事典 / 高木昌史∥著 / 三交社 , 2002.2 RK/940.2/グ1/602
【資料2】 グリム兄弟 / グリム兄弟∥[著] / 国書刊行会 , 1989.4 ( ドイツ・ロマン派全集 第15巻 ) K/940/グ1/501
【資料3】 初版グリム童話集 1 / グリム∥[著] / 白水社 , 1997.5 K/943/グ1/304-1
【資料4】 初版グリム童話集 3 / グリム∥[著] / 白水社 , 1997.9 K/943/グ1/304-3
【資料5】 グリム童話集 : 完訳 1 / グリム∥著 . 改版 / 岩波書店 , 1979.7 ( 岩波文庫 ) K/943/グ1/2-1
【資料6】 一つよけいなおとぎ話 : グリム神話の解体 / ジョン・M.エリス∥著 / 新曜社 , 1993.7 ( メルヒェン叢書 ) K/940/3004/93
【資料7】 世界昔話ハンドブック / 稲田浩二∥編者代表 / 三省堂 , 2004.4 RK/388.0/5084/2004
【資料8】 グリム昔話集 第1 / 関敬吾∥訳 / 角川書店 , 1954 ( 角川文庫 ) S/9430/G860/G1-1
【資料9】 初版グリム童話集 4 / グリム∥[著] / 白水社 , 1997.11 K/943/グ1/304-4
【資料10】 北欧の民話 / 山室静∥著 / 岩崎美術社 , 1975 K/388.3/218/75
【資料11】 かえるの王さま / グリム∥原作 / 偕成社 , 1959 ( なかよし絵文庫 41 ) /943/グ1/15
【資料12】 やかまし村はいつもにぎやか / リンドグレ-ン∥著 / 岩波書店 , 1965 ( リンドグレ-ン作品集 6 ) /949/リ2/26
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000065594解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!