このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000065586
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2009005960
事例作成日
(Creation date)
2009/6/9 登録日時
(Registration date)
2010年03月25日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年03月25日 02時11分
質問
(Question)
江戸時代の湯島天神の宮地芝居について、特に役者、女形、小屋の様子、鳴り物、演目など宮地芝居と周辺の風俗が書かれた資料はないか。
回答
(Answer)
国会図書館の雑誌記事索引を引くと、資料1p.91-105に「幕末江戸の宮地芝居について-湯島天神社内の芝居を中心に」佐藤かつら著という論文に導かれる。論文には、参考資料が多数あがっている。

同一著者の論文「宮地芝居のゆくえ」が、資料2に掲載されている。芝神明社の宮地芝居を中心に書かれているが、湯島の宮地芝居にもふれている。P.122「表2 幕末・明治初期の小芝居興行場所」という表があり、天保改革前後から明治初期にかけて、小芝居が行われた場所と時期の一覧がある。『藤岡屋日記』『武江年表』『斉藤月岑日記』からひろい、表にしたものである。

資料3に『江戸名所図会』から引用した「湯島天満宮」の図があり、芝居小屋も描かれている。
また、『武江年表』から引用した興行の年月、興行主についての記述がある。その他『藤岡屋日記』から小屋の様子、出演者、状況等が引用されている。

資料4に「湯島の宮芝居」の項目がある。当時の川柳が引用され、観客動員の実態を知ることができる。

資料5に「オデデコ芝居」の項目があり、宮芝居についても触れている。(「オデデコ芝居とは低級な芝居」の意であると記述されている。)

資料6に「宮芝居をめぐって」の項目があり、『真佐喜のかづら』からの引用があり、文化文政期の宮地芝居が質的に向上し、官許の三座の大芝居を脅かすほどになったことが、記述されている。

資料7に『舞扇要用記』からの引用があり、「但し、屋根なし、晴天芝居、此類は薬を売為也、又香具芝居とも云、何れも大太鼓はならぬ事也、並一切もゆるされずと」とあり、小屋の様子がわかる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
歌舞伎  (774 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 近世文芸 75号 2002年1月 / 日本近世文学会 , 20020131 /キンセイフンケイ
【資料2】 江戸の広場 / 吉田伸之∥編 / 東京大学出版会 , 2005.7 T/210.5/5112/2005
【資料3】 湯島天神誌 / [湯島神社∥編] / 湯島神社 , 1978.5 T/32・17/1
【資料4】 文京区史 巻2 / 文京区∥編 . 第2版 / 文京区 , 1981 T/32・20/22/2
【資料5】 文京区史 巻3 / 文京区∥編 . 第2版 / 文京区 , 1981 T/32・20/22/3
【資料6】 近世芸能興行史の研究 / 守屋毅∥著 / 弘文堂 , 1985.9 /7721/105/85
【資料7】 東都劇場沿革誌料 上 / 関根只誠∥纂録 / 国立劇場芸能調査室 , 1983.3 ( 歌舞伎資料選書 6 ) T/0・770/29/1
キーワード
(Keywords)
東京都
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000065586解決/未解決
(Resolved / Unresolved)