このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000065571
提供館
(Library)
会津若松市立会津図書館 (2310231)管理番号
(Control number)
21-会津-63
事例作成日
(Creation date)
2009年12月11日登録日時
(Registration date)
2010年03月24日 14時09分更新日時
(Last update)
2010年03月24日 14時36分
質問
(Question)
会津藩主保科正之が寛文3年(1663)に創設した老齢年金制度はいつまで続けられたのか。
回答
(Answer)
会津藩では寛文3年(1663)から領内の90歳以上の老人に米を支給していたが、弘化元年(1844)12月24日幕府から養老扶持廃止の通達があった。しかし、会津藩では今まで通り藩米をもって給与することになった。
房総半島警備の際にも90歳以上の老人に勧扶持米を1日5合ずつ支給している。
制度が廃止された年月日は不明。
回答プロセス
(Answering process)
『会津松平家譜』の記述を調べ、該当事項を確認する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
東北地方  (212 9版)
社会保障  (364 9版)
参考資料
(Reference materials)
『会津松平家譜』(国書刊行会、1984年、昭和13年刊の復刻版、請求記号L27/マ) (p204 是より先幕府領地の民90歳以上の者に、老養俸米を賜う。是に至りて之を停む。容敬乃ち私費を以て之を給すること旧の如し。)
『若松市史 上巻』(名著出版、1974年、昭和16年刊の復刻版、請求記号L22/ワ/1)
 (p223 12月24日各藩預所中、90歳以上の者に、幕府より養老扶持を給し来りしが、爾後廃止の旨通達あり、されど我藩にては、是迄の仁政を廃するに忍びずとて、従前の通り藩米を以て給与することに定む。)
『江戸湾防備と会津藩』(星正夫著、赤星直忠博士文化財資料館、2005年、請求記号L20/ホ)
 (p8 90才以上の老人には、勧扶持米を1日5合ずつ支給している。)
キーワード
(Keywords)
保科正之
年金
松平容敬
会津藩
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000065571解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!