このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000065479
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中千葉-2009-0027
事例作成日
(Creation date)
2009/10/04登録日時
(Registration date)
2010年03月30日 02時04分更新日時
(Last update)
2010年04月01日 13時58分
質問
(Question)
会津・江戸に伝わる日本泳法「向井流」について調べている。上野徳太郎による「向井流水法というもの」の中に「会津藩士であった笹沼良助(後の向井流家元)が・・・佐倉藩に仕えて水法を教えた」との文章がある。この笹沼良助(龍助との説もあり)が活動していたのは、幕末から明治にかけてだと思われるが、佐倉藩のどこで、どのような指導・活動をしていたのか、また、笹沼良助(龍助)とその息子の笹沼勝用の人物像、佐倉藩内での向井流水法に関する記述のある文書、などがあったら教えてほしい。
回答
(Answer)
『佐倉藩学史』(篠丸頼彦著 千葉県立佐倉高等学校 1961)〈C372SA/SH67/1〉p131-133の「10水術所」の中に「水術教場と向井流」についての記述がある。また、p32に佐倉藩の学問所「聖徳書院」の「職掌記」(組織図)があり、水術所が聖徳書院附属の演武場の下に置かれていたことがわかる。
『佐倉市史 巻2』(佐倉市史編さん委員会編 佐倉市 1973)〈C233SA/SA46/6-2〉p1065-1068の「(九)水術」の中に「水術教場と向井流水術」についての記述があるが、上記『佐倉藩学史』をもとにしたもので、ほぼ同じ内容。水術教場が鹿島橋際であったこと、良介(龍助)が佐倉藩で水術師範となったいきさつ、向井流の系図、龍助の高弟丹治平助が水術員長となり、道場預りが龍助の倅八郎(勝用)だったことなどが書かれている。
〈 〉内は請求記号。
回答プロセス
(Answering process)
『図説日本泳法 12流派の秘法』(白山 源三郎/編著 日貿出版社 1975)p117-178に各流派の歴史として向井流についての記述があり、文献に『佐倉藩学史』があった。
『佐倉藩学史』(篠丸頼彦著 千葉県立佐倉高等学校 1961)は『校史 復刻』(千葉県立佐倉高等学校 篠丸頼彦編[千葉県立佐倉高等学校 県立移管百周年記念事業実行委員会][2000])と同じ内容。
『佐倉市史 巻2』(佐倉市史編さん委員会編 佐倉市 1973)p1065-1069で引用されている「年寄部屋日記」は該当する年代の所蔵なし。P1068の△植松八郎太夫、△丹治平助、△笹沼八郎についての記述はどこから引用したか分からない。p1068の5行目の(島田貞一)が前船橋市立図書館長であることがp1508の13行目に書かれている。
「年寄部屋日記」は『下総佐倉藩堀田家文書解説目録 マイクロフィルム版』(大谷貞夫編 雄松堂フィルム出版 1989)に掲載あり。文書館でマイクロフィルムを所蔵している。
以下の資料を調査したが、笹沼龍助、勝用に関する記載は見つからなかった。
『千葉県印旛郡誌 前篇』(千葉県印旛郡役所編纂 臨川書店 1985)〈C233/I54/1-1〉p261「維新前後の教育」に佐倉藩の聖徳書院についての記述があったが、水術についてなかった。
『千葉県教育史 巻1』(千葉県教育会編 青史社 1979)〈C372/C42/6A-1〉p191-310に佐倉藩聖徳書院の沿革、組織、規則等について書かれてるが、水術についての詳しい記載はなし。
『千葉県スポーツ史』(千葉県スポーツ史編集委員会編 千葉県教育庁保健体育課編 千葉県体育協会 1962)〈C7802/C42/1〉p181「千葉県水泳の発祥」に向井流水法はなし。
『明治に生きた佐倉藩ゆかりの人々』(内田儀久著 聚海書林(製作) 1997)〈C281/7/〉p151で紹介されている『向井流水法書』(竹原栄 向井流水法会 1991)は当館の所蔵なし。
○千葉県立図書館ホームページ「千葉県関係新聞・雑誌記事索引検索」( http://ref-ap.library.pref.chiba.lg.jp/kiji/kiji_search.php?q=903955068 )検索項目「キーワード」に検索語「向井流」と入力して検索したところ 1件の記事があった。「<士魂は何処へ 江戸湾防備の光と影> 第7回「古式泳法が結ぶ縁」向井流泳法を習得」文化年間に奉納された絵馬についての内容で、笹沼親子についての言及なし。
○以下参考文献等、当館所蔵なし。
『日本の水術』(上野徳太郎 晴南社 1943)所蔵なし。
『向井流水法開伝巻』(鈴木正家 1895)所蔵なし。
『向井流水法書』(竹原栄 向井流水法会 1991)所蔵なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
『向井流水法というもの』(上野徳太郎著)
『明治に生きた佐倉藩ゆかりの人々』(内田儀久著 聚海書林 1997)は調査済み。
NDC
銅版画.鋼版画  (735 9版)
教育史.事情  (372 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
『図説日本泳法 12流派の秘法』(白山源三郎編著 日貿出版社 1975)〈785/SH89〉 (9102698894)
『佐倉藩学史』(篠丸頼彦著 千葉県立佐倉高等学校 1961)〈C372SA/SH67/1〉 (9200086526)
『佐倉市史 巻2』(佐倉市史編さん委員会編 佐倉市 1973)〈C233SA/SA46/6-2〉 (9200285181)
『明治に生きた佐倉藩ゆかりの人々』(内田儀久著 聚海書林(製作) 1997)〈C281/7〉
キーワード
(Keywords)
日本泳法 
向井流 
佐倉藩学
千葉県‐佐倉市
笹沼 良助 
笹沼 勝用
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000065479解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!