このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000065461
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中児童-2009-0010
事例作成日
(Creation date)
2010/01/19登録日時
(Registration date)
2010年03月30日 02時03分更新日時
(Last update)
2010年03月30日 02時03分
質問
(Question)
インターネットのフリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」では、「『ちいさいおうち』(The Little House)は長女ドギーのために描かれた。」と書かれているが、他の資料ではそのことが確認できなかった。
バートンには息子以外にも娘がいたのかどうか。
バートンの作品には子どもへの献辞が記されていることが多いようだが、『ちいさいおうち』は誰のために描いたのか。
回答
(Answer)
『ヴァージニア・リー・バートン 「ちいさいおうち」の作者の素顔』の中では次のように書かれていた。

「ドーギー(息子たちは父をこう呼んでいた)」(p.25)

この点について巻末の参考文献のページで説明されている。

「p.25「ドーギー」はジョージ・デメトリアスの家族内での愛称だった。バートンは『ちいさいおうち』の献辞にその名を使っている。」(p.129)

この記述から、「ドギー」はバートンの夫であるジョージ・デメトリアス氏のことであり、『ちいさいおうち』には夫への献辞が書かれていると確認できた。

娘については、バートンや『ちいさいおうち』に関する図書や雑誌の記述をあたったが、Wikipedia以外には娘がいるという記述は見つからなかった。

『Something about the author』のpersonalの項目の中のchildrenの箇所には2人の息子の名前が載っていた。

『庭園の中の三人』の37ページには「…現在このご夫婦のあいだには、長男のアリス、次男のマイケルのふたりの息子がいます。」とあり、40ページの略歴には息子たちの出生年が書かれていた。

インターネットサイト”Women Children's Book Illustrator”では、次の記述があった。
”…The couple had two boys, Aristides and Michael…”

この他に確認した資料でも、子どもに関しては息子2人についてのみ記載されていた。

回答プロセス
(Answering process)
『ちいさいおうち』の献辞は、原語の絵本『The little house』では「Lo. Dorgie」と入っているが、日本語訳の絵本では空欄になっていて何も書かれていない。

絵本作家に関する参考資料や人名事典にあたったが、娘に関する記述なし。
国立国会図書館の雑誌記事索引で、バートンや『ちいさいおうち』の作品論などを検索して雑誌を確認したが、関連の記述なし。

インターネット情報としては、Googleで「Virginia Lee Burton」「for her doughter」「little house」などをかけあわせて検索したが、関連の情報は見つけられなかった。
「Virginia Lee Burton」「Dorgie」で検索すると、
”Virginia Lee Burton: A Sense of Place | The Books”
という、バートンを紹介するDVDの制作会社によるページの、『ちいさいおうち』の書評紹介などの項目に次の記述あり。

「The Little House 1942. Dedicated to “Dorgie” the name that Aris and Mike gave to their father, George Demetrios-renowned sculptor and art teacher, and husband of Viriginia Lee Burton.」

この文末に”Remarks by Houghton Mifflin & Company, publisher”とあるので、Houghton Mifflin & CompanyのHPを見たが、これに関する記載は見あたらなかった。

Google ブックスで、「Virginia Lee Burton」と「Dorgie」で検索すると次の資料が見つかった。

『Virginia Lee Burton a life in art』
この資料と、日本語版(『ヴァージニア・リー・バートン 「ちいさいおうち」の作者の素顔』)を確認したところ、ドギーについては回答が得られた。(英語版・日本語版ともこの箇所については同内容の記述だった。)


調査過程で参照したが情報の得られなかった資料
図書
『海外の絵本作家たち』(ディック・ブルーナ[ほか述] 柴田こずえ聞き手 平凡社 2007 別冊太陽) 
『児童文学者人名事典 外国人イラストレーター編』(中西敏夫訳・編 出版文化研究会 1998) 
『石井桃子集 5』(石井桃子著 岩波書店 1999)

雑誌記事
府川源一郎「教材研究「小さいおうち」バージニア・リー・バートン(文・絵)」(『日本文学』 日本児童文学者協会 29巻10号 1980.10)
松居直「絵本 松居直の絵本講座(2)バージニア・リー・バートンの『ちいさいおうち』を読む」(『母の友』 福音館書店 通巻576号 2001.5)
「巻頭大特集 ヴァージニア・リー・バートン生誕100周年記念 「ちいさいおうち」とアメリカ黄金期の絵本」(『MOE』 白泉社 31巻9号 通号359号 2009.9)

インターネットサイト
英語版wikipediaのサイトの「Virginia Lee Burton」の項
http://en.wikipedia.org/wiki/Virginia_Lee_Burton

(インターネットの最終アクセス:2009年12月15日)
事前調査事項
(Preliminary research)
日本語版wikipediaのサイトより抜粋

「最初の絵本、『いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう』(CHOO CHOO)は長男アーリスのために、第2作『マイク・マリガンとスチーム・ショベル』(Mike Mulligan and His Steam Shovel)は次男マイケルのために、第4作『ちいさいおうち』(The Little House)は長女ドギーのために描かれた。」

(インターネットの最終アクセス:2009年12月15日)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『ヴァージニア・リー・バートン 「ちいさいおうち」の作者の素顔』(バーバラ・エルマン[著] 宮城正枝訳 岩波書店 2004)
『Virginia Lee Burton a life in art』(Barbara Elleman Houghton Mifflin 2002)
『Something about the author vol.100』(by Alan Hedblad Detroit Gale 1999)
『世界児童青少年文学情報大事典 8』(藤野幸雄編訳 勉誠出版 2002)
『庭園の中の三人 バートン、エッツ、ガアグをめぐって』(マーシャ・ブラウン著 高鷲志子訳 東京子ども図書館 1995)
『絵本図書館 世界の絵本作家たち』(光吉夏弥著 ブック・グローブ社 1990) 
『The little house』(story and pictures by Virginia Lee Burton Houghton Mifflin c1969)
『ちいさいおうち』(ばーじにあ・りー・ばーとんぶんとえ いしいももこやく 改版 岩波書店 2001)

Women Children's Book Illustrator( http://www.ortakales.com/illustrators/

Virginia Lee Burton: A Sense of Place  ( The Books
http://www.virginialeeburtonthefilm.com/about-vlb/the-books/

Google ブックス( http://books.google.co.jp/books?
id=3e_ahjiX3u0C&pg=PA25&dq=Virginia+Lee+Burton+Dorgie&as_brr=3&cd=1#v=onepage&q=
&f=false)


)
キーワード
(Keywords)
献辞
ちいさいおうち
バージニア・リー・バートン
Virginia Lee Burton
ドギー
Dorgie
ジョージ・デメトリアス
George Demetrios
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000065461解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!