このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000065329
提供館
(Library)
日本海事センター海事図書館 (4210003)管理番号
(Control number)
09003
事例作成日
(Creation date)
2009/06/03登録日時
(Registration date)
2010年03月19日 02時18分更新日時
(Last update)
2010年03月19日 02時18分
質問
(Question)
造船所で船の塗装をする際、塗料をふきつけると霧状になった塗料が空気中に漂う。環境保全のためにこの霧をどの程度回収しなければならないといった規則を、IMOが定めていると思うが、それが分かる資料はないか。
回答
(Answer)
インターネットで検索したところ、IMOで船舶塗装について定めた規則として、Performance standard for protective coatings for dedicated sea water ballast tanks in all types of ships and double-side skin spaces of bulk carriersがあることが判った。
しかし、当館の資料①②などによると、その規則は船の腐食を防ぐために定められた規則であり、ふきつけた際の霧については触れられていない。
他に塗装についてのIMO規則がないか調べたが、見つけることはできず、そもそもそのような規則が存在するかどうかも不明である。
日本海事協会が規則を作る際にIMOの規則に準じているため、日本海事協会に尋ねることをすすめた。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
船舶修理.保守  (555 7版)
参考資料
(Reference materials)
①「IMO news」2007 No.1 p.14
②「2006年海上人命安全条約」国土交通省海事局安全基準課監修,海文堂出版発行,2007(M.071/I57) p.101 第3-2規則
キーワード
(Keywords)
造船
IMO
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000065329解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!