このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000064851
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR10020019
事例作成日
(Creation date)
2010/02/20登録日時
(Registration date)
2010年03月18日 02時13分更新日時
(Last update)
2010年03月18日 10時10分
質問
(Question)
雛人形の男雛と女雛の並び方について。
左右どちらか。昔は逆だったらしいがいつまでか。
回答
(Answer)
『世界大百科事典』(平凡社 2007.9)031/44Nの図によると一般的なひなかざりは向かって左が男雛、向かって右が女雛になっている。なお、江戸中期の雛人形のかざりつけの絵を見ると、男雛は向かって右、女雛は向かって左となっている。

『雛まつり:親から子へ伝える思い』(福田東久/著 近代映画社 2009.2)によると陰陽五行説に由来して、向かって右が上座にあたるので(右大臣より左大臣が位が上なのもそのため)、男雛もそのように並んでいた。しかし、洋装で即位式に臨んだ大正天皇がヨーロッパの例にならって向かって左に、皇后が右に並び、それ以来雛人形も同じように男雛が向かって左、女雛が向かって右になった。著者は「現在では、どちらも正しい」と書いている。

『雛と雛の物語り』(藤田順子/著 暮しの手帖社 1993.2)では、雛の並びが逆転したのは昭和天皇の即位式としている。向かって左に天皇、向かって右に皇后が並んだ即位式にならって、東京の雛人形業界が内裏雛の左右を決定したが、京都の研究者から反対が出た。そのために京都では今でも昔ながらに(東京とは逆に)、男雛が向かって右、女雛が向かって左に並べている。
著者は「雛の撮影をするとき、古い雛を飾るとき、私は京都の方式にしている」と書いている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
年中行事.祭礼  (386 8版)
参考資料
(Reference materials)
『世界大百科事典』(平凡社 2007.9)(ページ:570)
『雛まつり』(福田東久/著 近代映画社 2009.2)(ページ:28-)
『雛と雛の物語り』(藤田順子/著 暮しの手帖社 1993.2)(ページ:218)
キーワード
(Keywords)
大正天皇 昭和天皇
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000064851解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!