このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000064400
提供館
(Library)
愛知学院大学図書館情報センター (3310067)管理番号
(Control number)
日進09R-9
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2010年03月05日 14時13分更新日時
(Last update)
2010年12月13日 11時04分
質問
(Question)
「真実性の原則」と「正義の原則」の関係性について書かれた資料を探している。
回答
(Answer)
下記資料を提供する。
『体系近代会計学Ⅰ 会計学基礎理論』 黒沢清編/中央経済社/1980/(336.9/0525) p.189-234
『財務会計の研究』 飯野利夫先生喜寿記念論文集刊行会編/税務経理協会/1995/(336.9/96/1445) p.102
回答プロセス
(Answering process)
会計学の辞典類をひく。
「真実性の原則」はあるが、「正義の原則」はなし。
レポートの課題は教科書中の図からとのことなので、『商学への招待』(670.1/06/0427)を見る。
p.148の図4-1に言葉の記載があるが、本文中に解説はなし。
図4-1の出所に記載された資料にあたる。
1. 『財務会計の研究』(336.9/96/1445) p.102
2. 『会計の基本原則』早稲田商学359号 (33/14) p.307

1の参考文献部分と2の本文中に
 * 昭和55年出版の 『体系近代会計学Ⅰ 会計学基礎理論』(336.9/0525) 第5章会計原則の役割りと構造
に詳細な解説があるとの記述がある。
  
事前調査事項
(Preliminary research)
会計学のレポート課題である。
資料に「正義の原則」についてなかった為、似た言葉である「正規の原則」と同一の意味と考えレポートを書いたが、全く別の言葉らしい。
NDC
経営管理  (336 7版)
参考資料
(Reference materials)
『体系近代会計学Ⅰ 会計学基礎理論』 黒沢清編/中央経済社/1980/(336.9/0525) p.189-234 (AJ94080333)
『財務会計の研究』 飯野利夫先生喜寿記念論文集刊行会編/税務経理協会/1995/(336.9/96/1445) p.102 (AJ94185624 )
キーワード
(Keywords)
会計学
会計原則
藤田幸男
真実性の原則
正義の原則
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000064400解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!