このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000063577
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3B-201002-06
事例作成日
(Creation date)
2010/02/17登録日時
(Registration date)
2010年02月18日 02時12分更新日時
(Last update)
2010年04月21日 10時13分
質問
(Question)
昭和33年に始まった大阪市の臨時家政婦派遣制度、昭和34年からは老人家庭奉仕員制度について知りたい。
回答
(Answer)
大阪では、アメリカのカリフォルニア州サンディエゴ市社会福祉協議会からヒントを得て、1958年に老人を対象として「臨時家政婦派遣制度」が創設された。
(『日本大百科全書』ホームヘルパーの項より)
昭和33年4月1日に、老人家庭奉仕員制度は実施された。(『昭和大阪市史 続編 第8巻』(大阪市役所,1969) p134)
 
下記の文献をご紹介。

1.野川照夫「家庭奉仕員制度について (覚書): 老人家庭奉仕員制度を中心に」『人間関係論集』創刊号 1984(p109-119) http://repository.osakafu-u.ac.jp/dspace/bitstream/10466/1853/1/KJ00000174260.pdf (2010.2.17確認)

2.明山和夫 野田照夫「老人家庭奉仕員制度-その沿革と現状」『ジュリスト』543号(p102-111)

3.池川清「老人のための地域福祉施設」『講座日本の老人2 老人の福祉と社会保障』垣内出版 1979
  ※大阪府立中央図書館所蔵

4.池川清「大阪市における家庭奉仕員が誕生するまで」『月刊福祉』56巻3号(p58-)
  ※大阪府立中央図書館所蔵

5.『老人福祉』(池川 清/著 日本生命済生会,1960.3)
 第13章 家庭奉仕員制度(p164-179)

6.『やさしいホームヘルパー入門』(赤星俊一著 みらい, 1997.12)
  第1章 ホームヘルパー派遣事業の歴史(上田市「家庭養護婦派遣事業」発足から長野県「家庭養護婦派遣事業」;大阪市「臨時家政婦派遣制度」 ほか)
   ※当館・大阪府立図書館・大阪府下公共図書館所蔵なし。他の都道府県図書館所蔵あり。

7.『介護保険とホームヘルパー-ホームヘルプ労働の原点を見つめ直す』(石田 一紀/ほか著 萌文社,2000.3)
p54 臨時家政婦派遣制度について少し触れている。
p61-62 大阪が家庭奉仕員の発祥の地であること、民生委員制度40周年記念事業として民生委員連盟に委託して発足したこと、対象者は生活保護世帯の独居老人に対するサービスであったとの記載あり。

8.『高齢者問題の現状-迫り来る高齢化社会』(大蔵省印刷局,1980.12)
 p198 大阪市についても記載あり

9.『講座社会福祉 8』 (仲村 優一/[ほか]編集代表 有斐閣,1983.12)
p55 大阪市についても記載あり

10.『大阪市会常任委員会会議録 昭和34年度通常予算に関する』(大阪市会,1959.3)
 関連の質問・答弁記載あり

11.『大阪市方面委員民生委員制度七十年史』(大阪市,1988.9) p160-171 第4節 家庭奉仕員制度 あり
回答プロセス
(Answering process)
1.国立国会図書館リサーチナビ http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/  (2010.2.17確認)を調査

“臨時家政婦派遣制度”、“臨時家庭奉仕員制度”でなし。

2.学術コンテンツ・ポータル "GeNii" http://ge.nii.ac.jp/genii/jsp/index.jsp  (2010.2.17確認)を調査

“臨時家政婦派遣制度”で1件。

『やさしいホームヘルパー入門』(赤星俊一著 みらい, 1997.12)
第1章 ホームヘルパー派遣事業の歴史(上田市「家庭養護婦派遣事業」発足から長野県「家庭養護婦派遣事業」;大阪市「臨時家政婦派遣制度」 ほか)

当館・大阪府立図書館・大阪府下公共図書館所蔵なし。他の都道府県図書館所蔵あり。

“臨時家庭奉仕員制度”でなし。

3.Google Scholar http://scholar.google.co.jp/  (2010.2.17確認)を調査

“臨時家政婦派遣制度”、“臨時家庭奉仕員制度”でなし。
“家庭奉仕員制度”ד大阪市”で4件。うち、大阪市に関しての記述が詳しかったのは、下記の1件。

・野川照夫「家庭奉仕員制度について (覚書): 老人家庭奉仕員制度を中心に」『人間関係論集』創刊号 1984(p109-119)

4.3記載資料の大阪市関連記載部分の参考文献を調査

・明山和夫 野田照夫「老人家庭奉仕員制度-その沿革と現状」『ジュリスト』543号(p102-111)

5.4記載資料の大阪市関連記載部分の参考文献を調査

・池川清「老人のための地域福祉施設」『講座日本の老人2 老人の福祉と社会保障』垣内出版 1979
・池川清「大阪市における家庭奉仕員が誕生するまで」『月刊福祉』56巻3号(p58-)

どちらも当館所蔵なし。  ※大阪府立中央図書館所蔵

6.4の資料に、制度創設に関わったとある池川清氏の著作を調査

当館所蔵を著者“池川清”で検索、老人福祉関連著作を確認。

・『三世代同居の研究-ねたきり老人の介護』(池川 清/編 大阪市社会福祉協議会,[1970])
 制度についてはなし
・『老人福祉』池川 清/著 日本生命済生会,1960.3<0080247755>
  第13章 家庭奉仕員制度(p164-179)

7.大阪市公文書検索 http://dps.city.osaka.jp/dps/move.do?menu=1  (2010.2確認)を調査

公文書検索 “家庭奉仕員” なし
資料検索 “家庭奉仕員” 1件 昭和61年のもの
簿冊検索で簿冊名称、文書検索で標題または簿冊名称、行政刊行物検索で発行元名称または名称に
“民生”とのみ入れ、昭和34年までに限って検索するも有用な資料なし。

8.社会福祉関連資料を調査

『戦後社会保障の形成-社会福祉基礎構造の成立をめぐって』 (北場 勉/著 中央法規出版,2000.1)
p65-67、p88.89に、国の制度についてはあり。

『介護保険とホームヘルパー-ホームヘルプ労働の原点を見つめ直す』石田 一紀/ほか著 萌文社,2000.3<0000788799>
p54 臨時家政婦派遣制度について少し触れている
p61-62 大阪が家庭奉仕員の発祥の地であること、民生委員制度40周年記念事業として民生委員連盟に委託して発足したこと、
       対象者は生活保護世帯の独居老人に対するサービスであったとの記載あり。

『ヘルパーステーションの運営管理』 (浜田 和則/著 ; 秦 康宏/著 ; 伊藤 幸子/著 中央法規出版,1999.10)
  p9に簡単な記述のみ

『ホームヘルプの要点 新訂版』 (田中 由紀子/著 一橋出版,2001.6)
p13に簡単な記述のみ 平成2年までは、家庭奉仕員の名称継続

『高齢者問題の現状-迫り来る高齢化社会』(大蔵省印刷局,1980.12)
 p198 大阪市についても記載あり

『講座社会福祉 8』 (仲村 優一/[ほか]編集代表 有斐閣,1983.12)
p55 大阪市についても記載あり


9.CiNii - NII論文情報ナビゲータ http://ci.nii.ac.jp/  (2010.2.22確認)を調査

“大阪市”ד高齢者” 

古田 雅久「大阪市の高齢者施策-在宅福祉サ-ビスを中心として」『都市問題研究』 50(5), p137&#12316;147, 1998/05 確認
有用な情報なし。

10. 商用データベース「Japan Knowledge(ジャパンナレッジ)(事典・辞書等) 」調査

“臨時”ד家政婦”ד派遣”

『日本大百科全書』ホームヘルパーの項によると、
「その後大阪では、アメリカのカリフォルニア州サンディエゴ市社会福祉協議会からヒントを得て、58年に老人を対象として「臨時家政婦派遣制度」が創設された。」

11.大阪市関連資料を調査

『昭和大阪市史 続編 第8巻』(大阪市役所,1969) p134 昭和33年4月1日 老人家庭奉仕員制度実施
『大阪市方面委員民生委員制度五十年史』 (大阪市,1973.3) p262 年表に記載
『大阪市民生事業40年史』(大阪市民生局庶務課,1962) p151 簡単な記述はあるが、経過はわからず
『大阪市方面委員民生委員制度七十年史』(大阪市,1988.9) p160-171 第4節 家庭奉仕員制度 あり
『大阪市民生事業史年表 明治元年~昭和57年』(大阪市民生局総務部調査課,1983.3) 年表に記載
『大阪市会常任委員会会議録 昭和34年度通常予算に関する』(大阪市会,1959.3) 関連の質問・答弁記載あり

下記資料に有用な情報なし

『新修大阪市史10 索引』(大阪市,1996.3)
『大阪市政70年の歩み』(大阪市行政局,1959.4)
『大阪市の社会福祉』(大阪市民生局庶務課調査救援係,1959)
『大阪市政の概況 昭和33年1月』(大阪市行政局,1958)
『民生事業統計集 昭和33年度版』(大阪市民生局庶務課調査救援係,[1959])
『民生事業概要 昭和33年度』 (大阪市民生局庶務課調査救援係,1958)
『民生事業概要 昭和35年度』(大阪市民生局庶務課調査救援係,1960.12) p96 家庭奉仕員制度について簡単な記述のみ
『民生事業概要 昭和38年度』(大阪市民生局,1963.11)
『民生事業概要 昭和39年度』(大阪市民生局,1964.12) p55 老人家庭奉仕員について簡単な記述のみ
『大阪市社会福祉協議会調査研究資料 23・24・28・32・33・36』(大阪市社会福祉協議会,1955-1956)
『民生事業研究 1~3』(大阪市民生局,1963-1964)
『民生事業研究 2』(大阪市民生局,1964.3)
『民生事業研究 4』(大阪市民生局,1966.3)
『民生事業研究 5』(大阪市民生局,1966.7)
『民生局報告一覧』(大阪市民生局庶務課調査救援係,1959)
『民生局報告 13,18~19,22,25,30,34~35,38,42,44,51,53,55,60,65』(大阪市民生局,1946-1957)
『大阪市会常任委員会会議録 昭和33年度通常予算に関する』(大阪市会,1958.3)
『大阪市会決算特別委員会記録』(大阪市会,1960.11)
『大阪市会決算特別委員会記録』(大阪市会,[1959])

12.大阪府立図書館・大阪府公文書館を検索

各館の所蔵検索で、有用な資料見つからず。
事前調査事項
(Preliminary research)
該当する年代の下記資料は閲覧済。
『大阪市会史 第28巻-[1]』(大阪市会事務局調査課,1994.3)
『大阪市会史 第28巻-[2]』(大阪市会事務局調査課,1994.3)
NDC
社会福祉  (369 9版)
参考資料
(Reference materials)
野川照夫「家庭奉仕員制度について (覚書): 老人家庭奉仕員制度を中心に」『人間関係論集』創刊号 1984(p109-119) http://repository.osakafu-u.ac.jp/dspace/bitstream/10466/1853/1/KJ00000174260.pdf  (2010.2.17確認)
明山和夫 野田照夫「老人家庭奉仕員制度-その沿革と現状」『ジュリスト』543号(p102-111)<当館書誌ID:0080301897>(※538~543号の合冊)
『老人福祉』池川 清/著 日本生命済生会,1960.3<当館書誌ID0080247755>
『戦後社会保障の形成-社会福祉基礎構造の成立をめぐって』 北場 勉/著 中央法規出版,2000.1 ISBN 4-8058-1852-2<当館書誌ID:0000781935>
『介護保険とホームヘルパー-ホームヘルプ労働の原点を見つめ直す』石田 一紀/ほか著 萌文社,2000.3<当館書誌ID0000788799>
『高齢者問題の現状-迫り来る高齢化社会』 総理府/編
大蔵省印刷局,1980.12<当館書誌ID0080059953>
『講座社会福祉 8』 仲村 優一/[ほか]編集代表 有斐閣,1983.12 ISBN 4-641-07128-4<当館書誌ID0080082547>
『大阪市会常任委員会会議録 昭和34年度通常予算に関する』大阪市会,1959.3<当館書誌ID:0080199568>
『大阪市方面委員民生委員制度七十年史』大阪市,1988.9<当館書誌ID0000357758>
キーワード
(Keywords)
大阪府大阪市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000063577解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!