このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000063455
提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
311
事例作成日
(Creation date)
2010年01月23日登録日時
(Registration date)
2010年02月15日 10時29分更新日時
(Last update)
2010年05月03日 14時10分
質問
(Question)
紙芝居は何枚ぐらいが適当か
回答
(Answer)
市販の紙芝居は印刷の都合で偶数枚数(8,12,16枚)が多いが、
「手づくりの場合はいくらでもふやせるが、話の内容にもよる。話に即しての場面数がよい。
はじまり1~2枚(時、場所、主要人物など)、できごと9~10枚(いくつかのエピソード、クライマックス)
終わり1枚とみればよいでしょう。」とある。(『心をつなぐ紙芝居』阿部明子ほか著 童心社 p216)
 また、「1画面の脚本量は400字程度で。
いくら面白い物語でも1画面で長々と語ってはあきられてしまいます」ともある。
(『紙芝居 選び方 生かし方』上地ちづ子ほか著 児童図書館研究会 p78)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
芸術  (7)
参考資料
(Reference materials)
『心をつなぐ紙芝居』(阿部明子ほか著、童心社、1991、J375.2/113)
『紙芝居 選び方 生かし方』(上地ちづ子ほか著、児童図書館研究会、1999、J019.2/108/5)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000063455解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!