このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000063186
提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-090104
事例作成日
(Creation date)
2009/07/15登録日時
(Registration date)
2010年02月13日 02時12分更新日時
(Last update)
2010年02月13日 02時12分
質問
(Question)
江戸時代末期(幕末)の蘭(洋)学者「斎藤源蔵」に関する記事はあるか。
回答
(Answer)
次の資料に「齋藤源蔵」についての記載があります。

(1)青木大輔『大槻俊斎』(伝記叢書;314, 大空社, 1998, (昭和39年刊の復刻版))【K289/オシ98Z】

>>
俊斎の長崎遊学の費用については、恩師手塚良仙の他、陸中水沢出身の神崎屋源蔵の後援があった。神崎屋は斎藤氏と称し、江戸における洋薬商の鼻祖といわれた人。高野長英、小関三英、湊長安など東北出身の人々はこの人の世話になった。謂はば、当時の洋学者の庇護者であった。(p.6)
<<

>>
五、種痘所の設立と俊斎
(略)安政四年三月、(略)そしてその歳の八月(五月か)種痘館設立について俊斎宅に集り協議した。参加した人の中には(略)仙台水沢の斎藤源蔵などがあった。(p.16)
<<

(2)佐々木侑『大槻俊斎先生小伝』(1943)【K289/オ5-2】

>>
五、長崎修行の俊斎
日本橋掘留町に神崎屋源蔵本名を斎藤源蔵といふ人があった。同じ仙台藩水沢町の出身で薬種屋を経営し高野長英の養父元齋(玄齋とも書く)と水沢の同郷の旧知である関係上、長英を援助し、又俊斎は長英との関係から知合になり、俊斎とも交誼が深かった。此の人は俊斎の勉学の精励に感服し、生活費の補助から学費まで援助してくれるといふ親切さで、殊に新刊の書籍の購入には奥さんの髪飾りまで用立したといふことである。(p.5)
<<


(3)菊田定郷『仙台人名大辞書』【K280/キ1-2】

>>
カンザキヤ・ゲンゾー【神崎屋源造】
薬舗。胆沢郡水沢の産。早く江戸に出でゝ新橋汐留町に薬舗を開き、蘭方家の間に知らる(略)世に称す、長英の大成は多く源造が義侠に頼れり。
<<
と、31行にわたり記述があります。
「斎藤源蔵」では記載ありません。

(4)高野長運『高野長英伝』(史誌出版社,1928)【K289/タ12-4】

「文政八年七月十九日 父玄齋にあてたる書簡」(p.161~)のなかにも「神崎屋にて借金致」「此度旅用金神崎屋より一両借請」等の記述がみられます。


その他、当館未所蔵ですが,国立国会図書館雑誌記事索引でタイトル“斎藤源蔵"で検索しますと次の論文がヒットしますのでご紹介します。

(5)深瀬泰旦「お玉ヶ池種痘所開設をめぐって-2-河路聖謨と斎藤源蔵」『日本医師学雑誌』26巻4号(1980.10), p.420-431
回答プロセス
(Answering process)
(1)『宮城県の地名』で“水沢”を検索→伊具郡丸森村水沢(現丸森町),明治4年一関県は水沢県と改称とあり。
(2)郷土論文記事索引→氏名ヒットせず,蘭学関係ヒットせず
(3)国立国会図書館雑索→タイトル「斎藤源蔵」で1件ヒット
(4)『仙台人名大辞書』→号索引「ゲンゾー」を片端から参照→「神崎屋源蔵」の項に質問に合致する人物発見→ここから説明文中にでてくる人物「高野長英」「大槻俊斉」等をキーワードに文献検索
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 水沢市史 3 近世 上 水沢市史編纂委員会/編 水沢市史刊行会 1981 K273/ミ1/3 記載なし

2 水沢市史 3 近世 下 水沢市史編纂委員会/編 水沢市史刊行会 1982 K273/ミ1/3-2 記載なし

3 水沢市史 7 資料編 水沢市史編纂委員会/編 水沢市史刊行会 1993.3 K273/ミ1/7 記載なし

4 水沢町誌 水沢町/編 水沢町 1931 K273/ミ3/イ 記載なし

5 丸森町史 史料編 丸森町史編さん委員会/編 丸森町 1980.3 K215.1/マ1-2/1 記載なし

6 丸森町史 〔通史編〕 丸森町史編さん委員会/編 丸森町 1984.12 K215.1/マ1-2/2 記載なし

7 仙台人名大辞書 菊田 定郷/著 仙台郷土研究会 2000.5 K280/キ1-3/イ 「神崎屋源蔵」で記載あり

8 宮城県百科事典 河北新報社/編 河北新報社 1982 K031/カ2/イタ 記載なし

9 明治仙台人物誌 逸見 英夫/著 宮城地域史学協議会 1993.12 K280/ヘ1/イ 記載なし

10 中央之旧仙台藩人譚 古山 省吾/編 宮城県顕揚会 1917 K280/フ1 記載なし

11 東北の実業家 産業経済振興協会/編 高山書店 1976 K280/ト3 記載なし

12 宮城県人物誌 歴史図書社 1978.3 K280/ミ13 記載なし

13 宮城県著名人5,000人集 第1集 東北県政時評社/編 東北県政時評社 1955 K280/ト1/イ1 記載なし

14 一関市史 第4巻 一関市史編纂委員会/編 一関市 1977 K272/イ3/イ4 記載なし

15 宮城県史 第2巻 宮城県史編纂委員会/編 宮城県史刊行会 1987 K201/ミ1-2/2 仙台藩の洋学蘭学者記載なし

16 仙台市史 第4巻 仙台市史編纂委員会/編 万葉堂書店 1975 K225/セ1-5/エ4 仙台の洋学に記載なし

17 大槻俊斎 片倉 舜/著 片倉舜 1985 K289/オ5-4 記載なし

18 大槻俊斎 青木 大輔/著 青木大輔 1964 K289/オ5 p17に仙台水沢の齋藤源蔵とのみ記載あり

19 大槻俊斎先生小伝 佐々木 侑/著 宮城県図書館 1943 K289/オ5-2/ウ 俊斎との関わりについて記述あり

20 胆沢郡誌 岩手県教育会胆沢郡部会 明治文献 1974 K273/イ3 記載なし

21 高野長英先生伝 長田 権次郎/著 高野長運 1899 K289/タ12-3 長崎遊学時の長英の書に「神崎屋」として記載あり

22 高野長英伝 高野 長運/著 史誌出版社 1928 K289/タ12-4/ウ 高野長英先生伝の改訂増補的内容より詳細
キーワード
(Keywords)
神崎屋, 源蔵 (カンザキヤ, ゲンゾウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000063186解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!