このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000063185
提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-090103
事例作成日
(Creation date)
2009/07/15登録日時
(Registration date)
2010年02月13日 02時12分更新日時
(Last update)
2010年02月13日 02時12分
質問
(Question)
日本の旧海軍の罰則規定はどういうものだったか知りたい。
回答
(Answer)
資料1.『海軍諸例則 巻四(2)』海軍大臣官房編. 原書房, 1988年【397.2/カ6-2/4-2】
p.p.291-312に「海軍刑法」が掲載されています。

資料2.『海軍諸例則 巻一(2)』海軍大臣官房編. 原書房, 1986年【397.2/カ6-2/1-2】
p.171の「艦船職員服務規程」に「保安上特ニ留意スベキ要綱」が掲載されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
海軍  (397 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 海軍諸例則 巻4‐2 海軍大臣官房/編 原書房 1988.2 397.2/カ6-2/4-2

2 海軍諸例則 巻1‐2 海軍大臣官房/編 原書房 1986.1 397.2/カ6-2/1-2
キーワード
(Keywords)
海軍 -- 法令
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000063185解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決