このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000063106
提供館
(Library)
山形県立図書館 (2110039)管理番号
(Control number)
山形県-2008-0041
事例作成日
(Creation date)
2010年02月11日登録日時
(Registration date)
2010年02月11日 15時54分更新日時
(Last update)
2010年03月04日 15時43分
質問
(Question)
山形市七日町大通りについて、明治、大正、昭和の店舗の並びのわかる資料があるか。
回答
(Answer)
山形県立図書館HPにアクセスしていただき、「山形県関係文献目録」から「商店街」のキーワードで「文献目録項目編」を検索してください。( http://www.pref.yamagata.jp/) お探しの山形市七日町関連の資料がご覧いただけます。
ここでは、昭和時代の写真、図、一覧表等でご覧いただける資料を御紹介します。
1.「物語七日町」七日町商店街振興組合30周年の記念誌です。年度の推移が写真と共に記載されています。中で、昭和50年6月12日の山形新聞広告で出した「ショッピングのごあんない」で当時の店舗の並びがわかります。(P113)昭和56年5月29日の新聞広告も同様です。(P138)
2.「わが青春時代山形市七日町商店街」山形市七日町に店を構える商店主が著者です。通りにそって昔と今(昭和の初めから平成10年まで)の七日町の様子がわかります。P109には昭和36年当時の七日町商店街の並びがわかる図が載っています。
3.「甦れ!!七日町商店街」昭和59年から61年にかけての、七日町街づくり委員会の報告書です。P15に七日町市街地図として、商店街の町並みが記載されています。
4.「やまがた街角」14号は『七日町界隈特集』として、大正から昭和にかけて座談会で町並がわかります。
5.明治・大正時代の店舗が分かる資料は写真集を除くと、ほとんどないのですが、「山形市史別巻2」P1~P22までの「市街の変遷」の項に説明文があるのと、図録として「図12幕末頃の七日町絵図(部分)」「図20明治10年の山形市街全図」「図21明治14年の山形市街全図」「図22明治22年の山形市街図」「図24大正5年の山形市街図」「図25昭和4年の山形市街全図(部分)」が載っていますが、店舗の並びについて鮮明にわかる資料にはなっておりません。
6.「写真集明治・大正・昭和 山形」P20~27『明治時代の町並み」で七日町界隈が写っています。P132~139『大火復興』には明治44年の山形大火の後の大正時代の七日町界隈がわかります。
7.「目で見る山形・上山の100年」のP29には『明治期の町並み』として、同じように七日町界隈の写真があります。

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
商業経営.商店  (673 9版)
商業史.事情  (672 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料①物語七日町/七日町商店振興組合/1994(K672.641/ナノ)
資料②わが青春時代山形市七日町商店街/山澤進著/みちのく書房/1998(YK672.641/ヤマ)
資料③甦れ!!七日町商店街/七日町街づくり委員会編/1987(K672.641/ナノ)
資料④やまがた街角第14号/やまがた街角編集室/2003(KS290/ヤマ/200310)七日町界隈
資料⑤山形市史別巻2/山形市編/1976(K264.1/ヤマ/別-2)
資料⑥写真集明治・大正・昭和 山形/後藤嘉一編著/国書刊行会/1979(YK264.1/ゴト/)
資料⑦目で見る山形・上山の100年/渡辺信三〔ほか〕編集/郷土出版社/1995(YK264/ワタ)
※(  )は自館の請求記号です。
キーワード
(Keywords)
商店街
山形市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000063106解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!