このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000062940
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
北浦和-1-00017
事例作成日
(Creation date)
2009/06/19登録日時
(Registration date)
2010年02月06日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年02月06日 02時11分
質問
(Question)
イルカはどうして「海豚」と書くのか知りたい。
回答
(Answer)
『語源海』p.95の「いるか」の項では、「宛字、〈海豚・江豚〉は中国人の用語で、イルカを〈豚〉に似た形と断じての命名であろう」と書かれている。
『クジラと日本人』p.20には、「〈海豚〉はイルカの漢語であり、中国では海に棲むブタであると認識されたのかもしれない」との記述あり。
『図説魚と貝の事典』p.70には、『本草網目』に「形豚の如し」とある。
『新註校定国訳本草網目』第10冊のp.605には、「時珍曰く、海豚、江豚はいづれも形に因って命けた名である」とある。
よって、昔、中国では、イルカが豚に似ていると考えられたための命名であると考えてよいようだ。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
哺乳類  (489 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『語源海』 杉本つとむ/著 東京書籍 2005
【資料2】『クジラと日本人(岩波新書)』 大隈清治/著 岩波書店 2003
【資料3】『図説魚と貝の事典』 望月賢二/監修 柏書房 2005
【資料4】『新註校定国訳本草網目』第10冊 李時珍/著 春陽堂書店 1976
キーワード
(Keywords)
イルカ
語源
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000062940解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!