このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000062926
提供館
(Library)
山形県立図書館 (2110039)管理番号
(Control number)
山形県-2008-0024
事例作成日
(Creation date)
2010年02月05日登録日時
(Registration date)
2010年02月05日 18時24分更新日時
(Last update)
2015年03月28日 08時23分
質問
(Question)
江戸時代の山形県の「新庄藩」「長瀞藩」の分限帳の資料があるか。
回答
(Answer)
山形県立図書館所蔵の資料から下記のものを御紹介します。
1.「新庄藩」
資料①郷土資料叢書第9輯「戸沢家中分限帳(1)」『巻1~巻5』
資料②郷土資料叢書第10輯「戸沢家中分限帳(2)」『巻6~巻11』
資料③郷土資料叢書第11輯「戸沢家中分限帳(3」)『万年無足分限帳目録巻1~巻9』
資料④郷土資料叢書第12輯「戸沢家中分限帳(4)」『万年無足分限帳目録・嫡子分限牒ニ ・部屋住勤分限帳・分限帳乾・分限帳坤・知行無足席順分限帳明治3年』
資料⑤郷土資料叢書第14輯「戸沢家中分限帳(5)」『無足之面々弐番帳・四番帳・六番帳・七番帳・八番帳・九番帳』
資料⑥新庄市編集資料別冊『羽州新庄藩の家臣団」
資料⑦かつろく風土記『参考沼田城武鑑』P648~655
資料⑧新庄市史第2巻「家臣団の編成」P432~540
また、「出羽国最上郡新庄古老覚書」にも『仙北以来の衆』P138~139『松岡以来の衆』P139~142『大阪加番の行列』P191~と記載があります。
2.「長瀞藩」
資料①東根市史通史篇上巻『七月武蔵国埼玉郡久喜より長瀞に居所を移す』P488
資料②東根市史編集資料第19号『長瀞御役所日記その1』
資料③東根市史編集資料第17号『東根陣屋関係資料』中P1~22[御領主御代々御役人名記録]
資料④東根市史編集資料第20号『長瀞御役所日記その2』
資料⑤東根市史編集資料第21号『長瀞御役所日記その3』
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (281 9版)
法制史  (322 9版)
参考資料
(Reference materials)
1.出羽国最上郡新庄古老覚書/田口五左衛門著/常葉金太郎校訂/臨川書店/1998(K250.1/タグ)
2.かつろく風土記/笹喜四郎著/新庄市教育委員会/1972)YK250.1/ササ)
3.新庄市史第2巻/新庄市編/1992(K2501./シン/2)
4.郷土資料叢書第9輯/大友義助編/新庄図書館/1976(K250/キョ/9)
5.郷土資料叢書第10輯/大友義助編/新庄図書館/1977(K250/キヨ/10)
6.郷土資料叢書第11輯/大友義助編/新庄図書館/1978(K250/kiyo/11)
7.郷土資料叢書第12輯/大友義助/新庄図書館/1979(K250/キヨ/12)
8.郷土資料叢書第14輯/大友義助編/新庄図書館/1982(K250/キヨ/14)
9.新庄市史編集資料集別冊/大友義助著/新庄市教育委員会/1996(K250.1/シン/ベ)
10.東根市史通史篇上巻/東根市編/1995(K26102/ヒガ/1)
11.東根市史編集資料第19号/東根市史編集委員会編/東根市/1986(K261.2/ヒガ/19)
12.東根市史編集資料第17号/東根市史編集委員会編/東根市/1985(K2612/ヒガ/17)
13.東根市史編集資料第20号/東根市史編集委員会編/東根市/1986(K261.2/ヒガ/20)
14.東根市史編集資料第21号/東根市史編集委員会編/東根市/1987(K261.2/ヒガ/21)
※(  )は自館の請求記号です。
キーワード
(Keywords)
分限帳
長瀞藩(山形県)
新庄藩(山形県)
戸沢藩(山形県)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000062926解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!