このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000062659
提供館
(Library)
池田市立図書館 (2310164)管理番号
(Control number)
ike-0912
事例作成日
(Creation date)
2009年12月11日登録日時
(Registration date)
2010年01月29日 18時33分更新日時
(Last update)
2010年02月02日 13時34分
質問
(Question)
ローマ数字で「4」を表記する場合、「Ⅳ」だと思っていたが、「IIII」でも可といわれましたが、本当ですか。
回答
(Answer)
『記号の事典』三省堂 のp82:「商用記号」の解説に「ローマ数字」について書かれていました。
ローマ数字は、「古代ローマで発達した記数法で、Ⅰ,Ⅴ,Ⅹなどを単位とし、これを必要な個数だけ並べる加算法方式で構成される。 ただし、後にIIIIの代わりにⅣ(Ⅴ-Ⅰ)を用いる減算法が用いられるようになった」とあります。
元々は「IIII」であったようです。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
言語学  (801 9版)
参考資料
(Reference materials)
『記号の事典』三省堂 1996,801.9 B10102354
キーワード
(Keywords)
ローマ数字
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
高校生
登録番号
(Registration number)
1000062659解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!