このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000062559
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
さいたま-見-20100008
事例作成日
(Creation date)
2009年12月31日登録日時
(Registration date)
2010年01月28日 10時17分更新日時
(Last update)
2010年12月24日 12時48分
質問
(Question)
染谷(さいたま市)という地名の由来を教えてほしい。
回答
(Answer)
以下の二つの伝説があります。

1.文武天皇(697~707年)のころの伝説。
  漁師が人魚を助けて妻とした。
  人魚とその娘が美しく評判となり、男達が見染めて「見染めケ谷」といわれるようになったのが地名のおこり。

2.染屋を職とする人たちが居住していたので、この名が生じた。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213)
伝説.民話[昔話]  (388)
参考資料
(Reference materials)
『大宮市史 第5巻 民俗・文化財編』 大宮市役所 1969  (p590-591)
『片柳のむかし 郷土をつづる』「片柳のむかし」刊行委員会編集 大宮市片柳公民館 1988  (p89)
キーワード
(Keywords)
さいたま市見沼区
染谷
地名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000062559解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!