このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000062444
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
さいたま-南-20100005
事例作成日
(Creation date)
2009年12月31日登録日時
(Registration date)
2010年01月27日 14時04分更新日時
(Last update)
2011年01月05日 14時37分
質問
(Question)
浦和競馬場について知りたい。
回答
(Answer)
所在地は、さいたま市南区大谷場。主催者は、埼玉県浦和競馬組合(埼玉県とさいたま市で構成)。1947年開場、1948年初開催。地方自治体の主催として最初に開催された地方競馬である。
戦後、地方競馬は根拠法規なしにおこなわれていたが(“ヤミ競馬”“共励会競馬”)、1946年11月に地方競馬法が制定され、馬匹組合連合会により開催されるようになった(”馬連の競馬”)。
埼玉県では、粕壁(春日部)競馬場で開催されていたが、売り上げ不振のため馬匹組合連合会は新たな候補地を求め、浦和競馬場への移転が決まった。
コース内には、一級河川である藤右衛門川が流れ、一般道(歩行のみ)が二本通っているほか、災害など緊急時のためのヘリポートも備えられている。
競馬開催日以外は公園として開放されており、南区の区民まつりが開催されたりしている。以前は花火大会の会場にもなっていた。
開設当初は田畑の中の競馬場であったが、現在は住宅密集地となったことから、周辺住民の要望で屋外の場内放送は音量を小さくした。また、ナイター設備がないので薄暮競走を導入している。
厩舎は、さいたま市緑区上野田の「野田トレーニングセンター」にあり、調教はこちらで行われている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213)
日本  (291)
相撲.拳闘.競馬  (788)
参考資料
(Reference materials)
『浦和市史 通史編4』 浦和市 p67-69
『埼玉大百科事典1』 埼玉新聞社 p194
『埼玉ふるさと散歩 さいたま市』 さきたま出版会 p42
『浦和太田窪と周辺の四方山話』 善前自治会 p69
『地方競馬めぐり』 大泉書店 p106-113
『地方競馬へ行こう!』 光栄 p82-84
『競馬場の歩き方』 ミデアム出版社 p62-67
『風の吹くまま競馬旅』 広済堂出版 p119-124
『埼玉県競馬史』 (埼玉県立図書館所蔵)
『浦和競馬概要』 (埼玉県立図書館所蔵)
『浦和競馬成績』 (埼玉県立図書館所蔵)
キーワード
(Keywords)
さいたま市南区
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000062444解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!