このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000062397
提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20090083
事例作成日
(Creation date)
2008年09月04日登録日時
(Registration date)
2010年01月26日 10時37分更新日時
(Last update)
2010年02月17日 09時59分
質問
(Question)
広島市は来年(2009年)市制120年を迎える。広島市に市制が施行されたと同じ時に市制施行された
32市がどこか,知りたい。
広島市は5番目であったが,上位10番までを知りたい。順位は人口ではないかと思う。

回答
(Answer)
『新修広島市史 第2巻』および『広島県史 近代1』には明治22年4月1日に,東京市など32市の
一つとして広島市が誕生し,順位は第6番とあり。
『内務省史 第2巻』によると,明治22年中に市制施行されたのは39市であり,そのうち,
4月1日施行のものは31市とある。東京市は5月1日施行。
31市は次のとおり。
京都・大阪・堺・横浜・神戸・姫路・長崎・水戸・津・静岡・仙台・盛岡・弘前・山形・米沢・
秋田・福井・金沢・富山・高岡・松江・広島・赤間関・和歌山・高知・福岡・久留米・佐賀・
熊本・鹿児島
市制施行については参考文献(4)~(8)にも関係の記述あり。
市町村制施行期日は『官報』明治22年2月~3月彙報でも確認することができる。

市制施行順位を記載してあるものは無かったため,明治22年当時の人口を確認したところ,
人口は,東京・大阪・京都・名古屋・神戸・横浜・金沢・仙台・広島の順で特例市とされた
東京・大阪・京都をのぞくと広島は6番目となる。
『新修広島市史 第2巻』(昭和33年刊)に「現在は第5番」とあることから,当時の人口順
を確認すると『日本都市年鑑 昭和32年』に,昭和30年国勢調査時の順位による各市人口が
あり,広島は11番目とある。
この当時は上位6番目までが,6大都市であったので,それを除くと広島は5番目となる。
2番目の質問に関しては,『日本帝国統計年鑑 第10回』の1から13番目までを回答。




回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地方自治.地方行政  (318 9版)
参考資料
(Reference materials)
1『新修広島市史 第2巻』広島市/編 広島市 1958 (p492 明治二十二年四月一日,東京市など三二市の一つとして広島市が誕生した。広島市の市制施行順位番号は第六番であった現在は第五番。 )
2『広島県史 近代1』広島県/編 広島県 1980 (p246 先述の内務大臣訓令に付された「市制標準」に基づき全国第六番目の順位で,東京市など三二市の一つとして市制が施行されたのである。 )
3『内務省史 第2巻』大霞会/編 原書房 1980(復刻原本:昭和46年刊) (p170 (明治)二十二年中に施行されたのはつぎの三九市であった。四月一日施行のもの(三一市)(略)その他の八市は五回にわたり施行された。 )
4『地方自治百年史 第1巻』地方自治百年史編集委員会/編集 地方自治法施行四十周年・自治制公布百年記 1992 (p325~354 第2節:市制・町村制の制定,第3節:町村合併と市制・町村政の施行 p334 市制は人口二万五千人以上の市街地に施行するものとされていたが,施行の直前になって,市制の特例に関する法律が制定された結果,東京・京都・大阪の三市には,特例がしかれることとなった。)
5『近代日本地方自治立法資料集成 2 明治中期編』山中永之佑/〔ほか〕編 弘文堂 1994 (p454~461 11町村合併標準に関する訓令)
6『史料日本の地方自治 1 近代地方自治制度の形成 明治維新--1920年代』小早川光郎/編集代表 学陽書房 1999 (]Ⅱ 明治地方自治制度の確立)
7『官報:明治編 3巻~(14)明治二十二年二月 第一六七五号~一六九七号』龍溪書舎 1985
8『官報:明治編 3巻~(15)明治二十二年三月 第一六九八号~一七二二号』龍溪書舎 1985
9『日本帝国統計年鑑 第10回(明治24年)』統計局/編纂 東京リプリント出版社 1972
東京リプリント出版社 1972 (p57 第24 一万人以上居住スル市街ノ戸数及人員)
10『日本都市年鑑 昭和32年版』全国市長会/編 1957 (p52~53 昭和30年国勢調査時の順位による各市人口とその既往の人口)
キーワード
(Keywords)
市制施行
広島市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000062397解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!