このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000061813
提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20090053
事例作成日
(Creation date)
2004年10月19日登録日時
(Registration date)
2010年01月10日 16時25分更新日時
(Last update)
2015年02月04日 13時23分
質問
(Question)
カルビー製菓会長の,松尾孝について知りたい。伝記や回想録がないことは,カルビー東京本社秘書課で確認している。
回答
(Answer)
「かっぱえびせん」生みの親。カルビー創業者。2003年10月28日、91歳で死去。

<略歴>
『広島県人物・人材情報リスト 2004』日外アソシエーツ/編集制作,日外アソシエーツ,
2003【H281/ニチカ1/104】
 p.882に次のとおり略歴が掲載されてる。
 カルビー名誉会長 明治45年7月15日~ (出)広島県広島市 (学)広島一中(昭和6年)卒 
 (賞)藍綬褒章(昭和51年) (歴)昭和2年から家業の穀粉製造販売を手伝う。12年父の死に
 伴い,家業を引き継いで,松尾食糧工業所を創業。戦後は鉄道草のダンゴをつくって再出発。
 24年株式に改組。29年カルビー製菓,のちカルビーと改称。39年瀬戸内海の小エビを入れた
「かっぱえびせん」が大ヒット。全国小麦あられ協会理事長,全国菓子協会常任理事なども務める。
 (家)長男=松尾総(カルビー会長)二男=松尾康二(カルビー副会長)三男=松尾雅彦(カルビー社長)

(2014年2月4日追記)
 なお,孝氏の長男の「松尾総」氏の名前について,「総」ではなく「聰」である,との情報提供を受け,改めて調査したところ,次の資料で「聰」であることが確認できた。
 『人事興信録 第42版 下』興信データ,2003【R281.03/シン1/V.42-2】
  p.ま77 松尾孝
  「長男 聰」
 『サンケイデータブック ‘97 人物編 産業・経済人』サンケイ新聞データシステム,1997【R281.03/サン1/97-2】
  p.ま39 松尾孝 まつおたかし
  「長男聰」
 『日本紳士録 第80版(平成19年)』交詢社出版局/編集,ぎょうせい,2007【R281.03/ニツ2/V.80】
  p.ま51 松尾聰 カルビー特別顧問
  「孝の長男」

 調査資料として紹介している『広島県人物・人材情報リスト』(日外アソシエーツ)の2000年版,2002年版,2004年版,2007年版,2009年版,2011年版,2013年版とも「総」と記載しているが,誤りであると思われる。

(追記 終わり)

<図書>
『昭和の食品界を創った30人』伊奈一郎/インタビュー・編,日本食糧新聞社,1991【558/91イ】
 p.407~427に「ヒット商品を開発―スナック成長の主役」と題したインタビューが掲載されて
いる。昭和6年に父が経営する松尾糧食工業所を継いだ後の経営状況や「かっぱえびせん」,
「ポテトチップ」の開発について記載あり。
『中国地方の中堅企業』中国新聞社/[編],中国新聞社事業局出版部,1983【H60/チュウ83ア】
 p.259~261にカルビー創業以降の歴史について,まとめて書かれている。
『トップが語る 広島中堅企業20社』下 広島産学協同懇談会/編,中国新聞社,1981【H50/TO65/2ア】
 p.111~124に広島産学協同懇談会主催の講演会(昭和55年6月)の内容をまとめたもの。
「身を捨ててこそ浮かぶ瀬」と題して,祖父の代の松尾巡角堂からカルビー誕生の経緯,また,
「かっぱえびせん」,「ポテトチップス」の開発等について書かれている。
『ぼくらのメイドインジャパン』藤沢太郎/著,小学館,1999【509.2/99フ】
p120~125「かっぱえびせん」松尾巡角堂から始まるカルビーの歴史とかっぱえびせんの
誕生などについて書かれている。

<雑誌記事>
『サンデー毎日』78巻24号 1999.6.6 p.129 「コレって,誰が考えた?! 68 『かっぱ
えびせん』」平尾俊郎/著
 松尾孝氏が「かっぱえびせん」を考案した経緯等について書かれている。
『プレジデント』34巻1号 1996.1.1 p.241~245 「村田昭治の『後継者指南④ スナック菓子の
脱・成熟は薬性と嗜好性を併せ持った商品で』
 慶應義塾大学教授村田昭治氏とカルビー社長松尾雅彦氏の対談。松尾孝氏の創業理念など
について記述がある。 
『週刊朝日』88巻30号 p.27~29 「『やめられない,とまらない』カルビー松尾孝社長
(71歳)の“おしん狂い”」
  NHKドラマ「おしん」の出演者を起用したコマーシャルについての記事だが,戦中のこと
については次の記述がある。
 「終戦一ヵ月前に召集され,北九州にいっている間に,家族の残る広島は原爆でやられた。
自宅は爆心から約一・四キロのところで,跡形もなく焼けたが,妻と四人の子どもたちは
奇跡的に,全員無事だった。(後略)」

<主な新聞記事>
「日本経済新聞」2003.11.14 夕刊 5ページ 「カルビー取締役名誉会長松尾孝氏―
「かっぱえびせん」生みの親(追想録)」
  松尾氏の追悼記事。「10月28日没,91歳」とあり。
「日本経済新聞」2003.10.31 朝刊 43ページ 「松尾孝氏(死去)」
「朝日新聞」2003.7.12 朝刊 56ページ 東京 「カルビー かっぱえびせん(キミの名は)
 原点は少年時代の「味」だった。」
  「かっぱえびせん」誕生についての記事。
「日経産業新聞」1982.3.29 24ページ 「カルビー,未利用食糧資源の活用(上)ポテト
チップでヒット(挑戦の記録)」
  「ポテトチップ」の開発の経緯等について,松尾氏の談話を交えて書かれている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『中国新聞』2003年11月29日 (p23)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000061813解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!