このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000061680
提供館
(Library)
岡山市立中央図書館 (2210024)管理番号
(Control number)
M09122221344432
事例作成日
(Creation date)
2009/12/22登録日時
(Registration date)
2010年01月07日 02時14分更新日時
(Last update)
2011年06月16日 02時00分
質問
(Question)
おせち料理の起源や語源を知りたい。
回答
(Answer)
現在は正月料理を「おせち」と呼ぶのが一般的である。語源としては、神にお供えする食物を節供(セチク)といい、正月の供え物が特に重要だったので、御節供(オセチク)といい、略して「おせち」となった。もとは、五節句(1/7、3/3、5/5、7/7、9/9)の料理のことで、平安期ごろから、宮中で、神前に特別の料理(御節供)を供え、祝い料理で宴会をする風習ができる。江戸期になると民間でも盛んになり、特に正月が重視されるようになった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
年中行事.祭礼  (386 9版)
参考資料
(Reference materials)
『たべもの起源事典』東京堂出版,2003,84p 『日本料理語源集』旭屋出版,2004,118p 『全国年中行事辞典』東京堂出版,2007,100p
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2009122221344844432
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000061680解決/未解決
(Resolved / Unresolved)