このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000061590
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M09092608534392
事例作成日
(Creation date)
2009/09/26登録日時
(Registration date)
2010年01月05日 02時32分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
市場化テストについて解説した資料があるか
回答
(Answer)
市場化テストとは、公共サービスについての官民間の競争入札制度を指し、「競争の導入による公共サービスの改革に関する法律」(いわゆる「公共サービス改革法」あるいは「市場化テスト法」と呼ばれる)に基づく。内閣府HP「公共サービス改革(市場化テスト)」に詳しい。以下の資料が参考となる。『市場化テスト 制度設計・導入手続の仕組とポイント』は、市場化テストの競争と協働による行財政改革、自治体の実務ポイントを解説するとともに、横浜市、市川市、我孫子市、三鷹市、足立区の市場化テストに関連する事例を掲載した資料である。『これでわかる市場化テスト 官と民のパートナーシップで公を創る』は、市場化テストの基本的な概念から、我が国で導入される市場化テストの仕組み、海外の取組み事例、実際に市場化テストを実行する際の実務について解説した資料である。『Q&A市場化テスト法 仕組みと論点』は、イギリスの制度との比較を踏まえつつ、わが国の市場化テストについてQ&A形式で解説した資料である。『自治体の市場化テスト』は、官と民が対等に競争入札に参加し、第三者の判断で公共サービスの担い手を決定する「市場化テスト」の導入に際し、自治体はどう対応すべきかを解説した資料である。『概説市場化テスト 官民競争時代の到来』は、行政サービスを質とコストで比較し、官民競争入札で決める市場化テストの概要から導入プロセス、現状の課題、海外事例、モデルケース、ケーススタディなどを記述した資料である。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
行政  (317 9版)
参考資料
(Reference materials)
内閣府「公共サービス改革(市場化テスト)」(http://www5.cao.go.jp/koukyo/index.html). 市場化テスト推進協議会編『市場化テスト 制度設計・導入手続の仕組とポイント』学陽書房,2007,318p. 新日本パブリック・アフェアーズ株式会社編『これでわかる市場化テスト 官と民のパートナーシップで公を創る』東京リーガルマインド,2006,177p. 榊原秀訓,尾林芳匡編『Q&A市場化テスト法 仕組みと論点』自治体研究社,2006,200p. 稲沢克祐『自治体の市場化テスト』学陽書房,2006,193p. 本間正明,市場化テスト研究会『概説市場化テスト 官民競争時代の到来』NTT出版,2005,281p.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2009092608583734392
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000061590解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!