このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000061578
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M09022709072891
事例作成日
(Creation date)
2009/02/12登録日時
(Registration date)
2010年01月05日 02時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
「和顔愛語」の読み方、意味、出典が知りたい。
回答
(Answer)
「和顔愛語」の読み方については(わがんあいご)と(わげんあいご)のふたつが確認できた。『岩波四字熟語辞典』によると、「【和顔愛語】わがんあいご:穏やかな顔つきとやさしい言葉遣いのこと。「和顔」は柔和な顔。温顔。「愛語」は愛情のこもった言葉。特に仏教で、菩薩が人々を導くために優しい言葉をかけることを言う。「和顔愛語」は仏教書に見られるが、「和顔」は仏教に限らずふつうに使われる。」とある。さらに、『広説佛教語大辞典下巻』では、「【和顔愛語】わげんあいご やわらかな顔色とやさしいことば。やわらいだ笑顔をし、親愛の情のこもったおだやかなことばをかわすこと。なごやかな顔、愛情あることばで人に接すること。priya-alapa〈『無量寿経』上大十二巻二六九下、異本〉」とある。『浄土三部経上(無量寿経)』では、無量寿経(漢文書き下し)に「無有虚偽諂曲之心、和顔愛語、先意承問。」「虚偽諂曲〈こぎてんごく〉の心あることなく、和顔愛語〈わげんあいご〉して、先意承問〈せんいしょうもん〉す。」と記されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
語彙  (814 9版)
参考資料
(Reference materials)
岩波書店辞典編集部編『岩波四字熟語辞典』岩波書店,2002.10,669.128p.参照はp.667.中村元著『広説佛教語大辞典 下巻』東京書籍,2001.6,1785p.参照はp.1782.中村元〔ほか〕訳注『浄土三部経 上』岩波書店,1991.12,379p.参照はp.167.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2009022709054372891
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000061578解決/未解決
(Resolved / Unresolved)