このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000061573
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M08103010172426
事例作成日
(Creation date)
2008/10/30登録日時
(Registration date)
2010年01月05日 02時30分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
小・中学校での「学級閉鎖」について,欠席者数などの基準や,その対象となる病気が決まっているのならば知りたい。
回答
(Answer)
学校保健法第13条によれば「学校の設置者は、伝染病予防上必要があるときは、臨時に、学校の全部又は一部の休業を行うことができる」とあり,これが学校閉鎖・学級閉鎖と言われるものである。また,同法第14条により委任された学校保健法施行規則第19条に「学校において予防すべき伝染病の種類」が記載されており,インフルエンザや百日咳などがその対象となっている。欠席者数などの基準については法令の定めはないが、『学校医・学校保健ハンドブック』によれば「欠席率が20%に達した場合は,学級閉鎖,学年閉鎖および学校閉鎖等の措置をとる場合が多い」とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
学校経営.管理.学校保健  (374 9版)
参考資料
(Reference materials)
衛藤隆・中原俊隆編集『学校医・学校保健ハンドブック』文光堂,2006,542p.参照はp.78-79. 原聡介編集代表『教職用語辞典』一芸社,2008,509p.参照はp.73. 健康教育大事典編集委員会編『健康教育大事典』旬報社,2007,718p.参照はp.494.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2008103010132372426
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000061573解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!