このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000061548
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M09041414165684
事例作成日
(Creation date)
2009/04/14登録日時
(Registration date)
2010年01月05日 02時28分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
城の石垣の「備前積」という積み方は,どのような積み方か。またその名前の由来は何か。
回答
(Answer)
積み方については,資料1に,「野面石を使って目地をすべてつぶしていく乱積の工法の一種である。」,「高知城,江戸城,その他の城の一部に使われている。」といった記述がある。資料2にも関連する記述がある。資料3のp.195に「備前積(高松城太鼓門)」,「備前積(高知城追手門)」の写真,p.196に解説が掲載され,「備前築(びぜんづき)ともいう」とある。名前の由来については,資料4の「石工用語集」の「ビゼンヅミ(備前積み)」に,「備前池田藩一党の得意とした野面石一点張りの石積み技法。」という記述がある。資料5の「石積ミニ用語集」の「びぜんづみ(備前積)」にも同様の記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本の建築  (521 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料1:伊藤ていじ著『城 築城の技法と歴史』読売新聞社,1973,316p.参照はp.194. 資料2:北垣聰一郎著『ものと人間の文化史 58 石垣普請』法政大学出版局,1987,415p.参照は285p.資料3:三浦正幸著『城の鑑賞基礎知識』至文堂,1999,279p.参照はp.195-196. 資料4:田淵実夫著『ものと人間の文化史 石垣』法政大学出版局,1975,214p.参照はp.205. 資料5:龍居庭園研究所編『石積は意思の積み重ね 石積作法』建築資料研究社,2003,142p.参照はp.141.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2009041414125065684
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000061548解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!